Microsoft Stream :さようなら Stream Classic

ついにまた一つ消えましたね。 Microsoft Stream の今までの Stream Classic です。

思えば Microsoft Stream 自体は2017年6月あたりにサービス開始され、2018年8月あたりに広く利用できるようになったんですよね。

Microsoft Stream :Office 365 Business Premium などのプランでも利用可能になる!?

社内版 YouTube みたいな感じでスタートしたけど、正直当時は使われていなかったと思います。大きな転機は Microsoft Teams の会議が録画できるようになって、録画ファイルの保存先が Microsoft Stream になった事でしょう。(意外にも当ブログにそのネタの記事がなかった…)。

そしてコロナ禍になり世の中がオンライン会議が必須レベルで利用されるようになり、会議の録画も良くされるようになりました。また、リモートワーク・ハイブリッドワークという文脈から、動画コンテンツが注目されるようにもなりましたね。そんな中、2021年に New Microsoft Stream の話が出てきました。

Microsoft Teams :会議録画の保存先が SharePoint / OneDrive に変わったけど…これは…

そしてここから Stream Classic から Stream ( on SharePoint ) への移行が開始されていきましたが、約3年(割と色々混乱したね)を費やして移行完了で Stream Classic が廃止されました。

Microsoft 365 管理センターのメッセージセンター内には、 Stream Classic 廃止のメッセージはたくさん出ていたと思いますが、現時点で一番最新のメッセージが以下です。

▼注意: Stream (クラシック) は 2024 年 4 月 15 日に廃止され、移行されていないすべての動画が削除されます

数日前の 2024/04/15 に廃止されたんですよね。

僕は移行ツールを使ってみようと思って結局使う事はなかったですが、割と移行ツールが曲者で苦労されていた方もいたようですね。場合によってはファイル数が少ないなら手作業での移行もしていた人もいたんじゃないでしょうか。

Classic が廃止された今、どういう挙動になったのか?見ていきたいと思います。

“Microsoft Stream :さようなら Stream Classic” の続きを読む

Microsoft 365 :アプリ起動ツールが変わった

機能展開されたら即ブログネタにしたい当ブログなのに、SNSでは多数展開された事が報告されているのに、運悪く僕の環境ではなかなか展開されない事も少なくないので、そういう時はいつも悶々としていますが、これもその一つ。

そもそも「アプリ起動ツール」という名前があまり知られていないのでわからない人もいるかと思いますが、ブラウザーで利用する Microsoft 365 の様々なアプリやページの左上に3×3の9個の点のアイコンありますよね。一般的にはワッフルメニューなんて呼ばれているあのアイコン。

▼アプリ起動ツールを開くアイコン

▼マウスカーソルを当てると「アプリ起動ツール」と表示されます

ここをクリックした事がない方、使っていない方も少なくはないんじゃないかと思いますが、ブラウザーで利用する Microsoft 365 の様々なアプリのほぼ全てに存在して、ここから別のアプリへ行き来したりする、いわゆるグローバルナビゲーション的な役割なので、何か迷子になった際にドラクエ的にルーラ、ファイナルファンタジー的に…あ、やったことないからわからないや。とにかく迷子救済機能みたいなものかなと思っています。

2024/02/23 付けで Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターに以下のメッセージが公開されました。

▼Web アプリ用の新しい Microsoft 365 アプリ起動ツール

このアップデートの主旨はキーワードとして「最新の外観」「アプリ検索」「一貫性」「クイック作成のオプション」「スイート全体のアプローチ」が挙げられています。その他に2点ほど具体的に挙げられていたので、それも含めて、このキーワード別に確認していきます。

“Microsoft 365 :アプリ起動ツールが変わった” の続きを読む

Windows :スクリーンショット ( PrintScreen) の色味が暗くなった&対処法

僕は仕事柄スクリーンショットを良く利用します。また当ブログの記事を書く時もスクリーンショットを貼り付ける事が多いです。

略して「スクショ」。プリントスクリーン( PrintScreen )とも言いますよね。むしろキーが [ PrtScn ] だからプリントスクリーンの方が正しい用語なのかな?そこらへんはよくわからないけど。

そんな中、どうも気になる事があるんです。スクリーンショット(以下、スクショ)を貼り付けた時に、色味が違うんですよね。ちょっと暗い感じ。真っ白の背景の部分をスクショしたのに、貼り付けると少し色が濃いんです。色味も含めて正確にスクショを撮って貼り付けたい時に凄く気になりだしました。そこら辺の気になる現象と対処法を見つけたので紹介します。対処法に関しては全員に当てはまるかはわからないので、あくまでも「僕の対処法」とさせてください。

“Windows :スクリーンショット ( PrintScreen) の色味が暗くなった&対処法” の続きを読む

Microsoft Planner : Microsoft Teams の新しい Planner アプリが一般提供された

つい2週間ちょい前くらいにプレビュー提供開始された Microsoft Teams 内で利用できる新しい Planner アプリ。

Microsoft Planner : Microsoft Teams の新しい Planner アプリがプレビューで登場

ですが、先週なんかアイコンが変わった!?と思って中を見たら「プレビュー」の表記が消えていました。

▼なんかアイコンが違う

“Microsoft Planner : Microsoft Teams の新しい Planner アプリが一般提供された” の続きを読む

Microsoft Teams :グループチャットのプロフィール画像をカスタマイズできるようになった

Microsoft Teams の利活用が進むとグループチャットも増えてきますよね。

▼グループチャット

するとパっと見でどんなグループチャットなのかを視認できるようにすべく、まずはグループ名の変更をすると思います。

Microsoft Teams :グループチャットに名前を付ける

そして今回、グループチャットのプロフィール画像を変更できるようになりました。今までだとグループチャットのメンバーのプロフィール画像が表示されているけど、人数の多いグループチャットだとたしか3人分を上限でゴチャっとしたものが表示されていました。それをカスタマイズできるという事です。

2024/02/20 付けで Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターに、以下のメッセージが公開されました。

▼ Microsoft Teams: アバターでグループ チャットをカスタマイズする

ここでは「アバター」と言っていますが、なんだか会議のアバターもあるからややこしいのと、あとでスクショでお見せしますが、UI上では「プロフィール画像」と記載されていますので、本記事は以下でアバターという呼称は使いません。

メッセージ内では3月下旬までに展開完了予定でしたが、僕の環境では昨日ようやく展開されたので、それでは試します。

“Microsoft Teams :グループチャットのプロフィール画像をカスタマイズできるようになった” の続きを読む

Microsoft Teams :既定のリアクションをカスタマイズ

このアップデートはうれしい人も多いハズ。まず冒頭に何ができるのか?結果を先にお見せします。

▼メッセージのリアクション

メッセージにリアクションしたい時に、この4種類が既定で表示されていますよね。なのでワンクリックでメッセージにリアクションしたい場合は、この4種類の中からしか選べません。それがアップデートされると、

▼このように既定のリアクションを変更できます

元々の既定の4種類以外の絵文字で頻繁にリアクションする人は、毎回最低2クリックが必要だったので、ワンクリックでできるようになると便利ですよね。800種類以上もある絵文字なので、個性が出るところでもあります。

では、更に話を進めていきます。

“Microsoft Teams :既定のリアクションをカスタマイズ” の続きを読む

Microsoft Teams :絵文字・GIF・ステッカーが1つの場所に統合

Microsoft Teams のメッセージでは、コミュニケーションを円滑にすべく(リアクションではなく)メッセージ内に挿入できる絵文字とGIFとステッカーがあります。テキストメッセージって感情がなかなか伝わりづらいですよね。別に怒っていないのに怒ってるって思われたり、機嫌悪いのかな?って思ってしまったり。そういう場合に感情を絵文字で添える事で、相手により正しい感情が伝わりやすかったりします。絵文字に関しては割と多くの人がプライベートで家族や友人との交流では使っていると思うので、そのメリットはわかるでしょう。一方、GIFやステッカーに関しては特に日本人にはあまり馴染みがないんじゃないかと思います。X(旧 Twitter )や facebook などのSNSを利用していて、かつ海外の人達と交流していたりフォローしている人であればアニメーションGIFはよく見かける光景かもしれませんが、X や facebook は LINE に比べると利用している人は少ないですからね。また海外の人のポストを良く見る環境にいない人も少なくないので、そういう人にとってはGIFとステッカーは馴染みがないでしょう。ちなみに僕もこれら2つは自分で使った事はほぼありません。更に言うと、未だにGIFとステッカーの違いはよくわかりません。という事で、個人的見解ですが、特に日本企業では Microsoft Teams 内で絵文字は使った事はあれど、GIFとステッカーは使った事がない人は非常に多いのでは?と推測します。

そんな中、従来のメッセージエリアを見ると、

▼従来のメッセージエリア(チャットもしくはチャネルの投稿の返信)

▼従来のメッセージエリア(チャネルの新規スレッド)

このように、ボタン群の中にどちらも赤枠内で左から「絵文字」「GIF」「ステッカー」と3つ並んでいました。

それが、1つ前の記事で紹介したメッセージ入力欄がシンプルになったアップデートに伴って、こちらオモシロ要素が3つのボタンだったのが1つのボタンに統合されました。

Microsoft Teams :メッセージ入力欄がシンプルになった

2023/09/11 付けで Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターに、以下のメッセージが公開されました。

“Microsoft Teams :絵文字・GIF・ステッカーが1つの場所に統合” の続きを読む

Microsoft Teams :メッセージ入力欄がシンプルになった

Microsoft Teams にはチャットとチームがありますよね。でも日本だと(海外は知らない)「チャットしますね」という言い方があると思います。それを Microsoft Teams に当てはめるとややこしいんですよね。「チャットする」って言ったらチャットの方だと思うけど、「チームの方にチャットします」とかおそらく言うんじゃないでしょうか?僕はこのややこしさを回避すべく「メッセージ」という言葉を利用しています。

▼チャットのメッセージ欄

▼チームのチャネルに新規スレッドを立てる際のメッセージ欄

このようにどちらも「メッセージ」という言葉であるという点。これにより「チャットにメッセージしてください」「チーム(もしくはチャネル)にメッセージしてください」って言えば、より明確かつ混乱のない言い回しだと思っていて、色々なところで推奨しているし僕自身も使っています。

はい、いつもの事ですが冒頭から脱線しましたが、この記事の以降の文章で齟齬がないように説明しました。

で、今回のアップデート内容はチャットもチームもどちらのメッセージ欄にも当てはまります。

2023/11/03 付けで Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターに以下のメッセージが公開されました。

▼(更新済み)Teams のシンプルな作成エクスペリエンス

とにかくメッセージ作成の体験をシンプルにするそうです。僕の方でアップデートの展開前後の環境があるので、比べてみます。

“Microsoft Teams :メッセージ入力欄がシンプルになった” の続きを読む