Micrsoft Whiteboard :メモ(付箋)にリアクションが付けられるようになっていた(ブレーンストーミングに最適?)

Micrsoft Whiteboard 使っていますか?と、毎回問いかけている気がします。おそらくそこまで使われていないんじゃないか?とも思っています。 Microsoft Whiteboard は特に Microsoft Teams の会議で使えるようになり、しかも当初はストアアプリ版よりも機能が全然使えなかったのが、今やブラウザー版と同じく、ストアアプリ版よりも機能の実装が早い場合もあるくらい優秀になってきています。とにかくリモート会議やハイブリッド会議においては物理ホワイトボードを使っても書き込める人は限られちゃいますが、 Microsoft Whiteboard を使えば場所問わず書き込めます。しかもストアアプリやブラウザーを別途立ち上げなくても、 Microsoft Teams の会議ウィンドウ上で全員が書き込めるので、ホワイトボードに全員で書き込みながらワイワイやりたい場合は使わない手はないんじゃないかと思っています。…と、このウリ文句も毎回書いてる気がしますが、検索でピンポイントにこの記事に辿り着く人が大半なので、大事な事は毎回書くスタイルです。

ただし…大きな障壁を一つ挙げるとしたら、タッチパネル対応のPCじゃないと微妙という点。マウス操作で絵を描く体験は物理ホワイトボードにペンで描く体験よりはグっと劣りますからね。逆に文字を書く体験という意味では物理ホワイトボードだと字が汚くて読めないのが、 Microsoft Whiteboard ならテキストをタイピングで入力すれば逆に良い体験だったり。

さて、長くなりましたが、本記事の話は、タッチパネル非対応のPCでも良い体験になるし、物理ホワイトボードよりもグッと良い体験になる事間違いなしの機能かなと思います。

“Micrsoft Whiteboard :メモ(付箋)にリアクションが付けられるようになっていた(ブレーンストーミングに最適?)” の続きを読む

Microsoft Whiteboard :ルーラー(定規)が使えるようになった

※相変わらず本題の前の余談が長いので、興味ない方は読み飛ばしてください。

Microsoft Whiteboard 使っていますか?と、毎回問いかけている気がします。これ個人的には会議室で全員集まっていたとしても物理的なホワイトボードより良いと思うんですよね。会議室に Surface Hub があれば最高ですけど、なければ会議室の全員が会議室で集まっていながらもオンライン会議にも参加してそれぞれが自分のPCで Microsoft Whiteboard を使えばイイと思います。ハイブリッドワーク下であれば、会議室の人もリモートの人もほぼ同じ体験ができるし、毎度言ってるけど物理ホワイトボードのように次に会議室を使う人のために毎回消さなくても良いし、機密情報の場合も気を遣わずに済むし、定例会議で次の会議に続きから描きたい場合も保存して次の会議で続きを再開できるし。更にありがちなのが、僕みたいな字が汚い人や、字が汚くない人でも急いで書くと崩れるので、会議中には理解できても数日経つと読めない…という状況。 Microsoft Whiteboard であれば文字はテキスト入力できるのでそういう心配もないです。図形は手描きしてもキレイに整形してくれるし、ホワイトボードに付箋も貼れる。最高じゃないですか。ただし、全員がタッチパネル対応のPCじゃないと…という条件がありますが。某弊社ではそこはクリアしていますが、多くの企業では貸与されているPCがタッチパネル非対応だったりしそうで…そうなるとちょっとマウス操作だけでは厳しそうですね。

さて、長い話は終わりにして、今回は更にキレイな線が引けるという事で、ルーラー(定規)が利用できるようになったので試したいと思います。

“Microsoft Whiteboard :ルーラー(定規)が使えるようになった” の続きを読む

Microsoft Whiteboard :ボードのデータを OneDrive に保存されるようにしてみた

■前置き

Microsoft Whiteboard は皆さん使っていますか?特に Microsoft Teams で会議しながら Whiteboard に全員で書き込むような時に便利ですよね。リアルなホワイトボードだと次の会議室利用者のためにも情報セキュリティ的にも消さなきゃいけませんが、 Microsoft Whiteboard であれば消さなくてもOKです。翌週の会議で書き途中からスタートさせる事もできます。会議室とオンラインのハイブリッド会議の場合、会議室のホワイトボードを使い始めるとオンライン組が置いてけぼりを食います。 Whiteboard であれば環境関係なく全員同じ見え方で全員書き込めるので、これからの働き方にマッチングしていると思います。

で、 Whiteboard のデータってどこに保存されているか、を考えた事ありますか?今は Azure ベースの Whiteboard なんですよね。しかし去年からすでに OneDrive に保存されるようになるという事は言われていました。そんな中、少し前に Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターにこんな記事が更新されていました。

▼ (更新)更新されたタイミングの変更: ビジネス向け OneDrive のホワイトボード

公開日は去年の9/3と半年前ですが少し前に更新されています。良く読むと、

▼気になる記載箇所

OneDrive が既定になるのは4月中旬に完了するって記載されています。更に気になる記載が、

“Microsoft Whiteboard :ボードのデータを OneDrive に保存されるようにしてみた” の続きを読む

Microsoft Whiteboard :ストアアプリも新しいエクスペリエンスになった

※ この記事で本ブログの投稿数が995件。1000件まであと少し!


先月上旬に以下の記事を書きました。

Microsoft Whiteboard :新しいエクスペリエンスになった

UI もだいぶ変わったしテンプレートなどの新しい機能も追加されていました。ただ、この記事を書いた時点ではブラウザー版や Microsoft Teams 内で利用する場合は新バージョンになったけど、ストアアプリの方は新バージョンにはなっておらず、図形など一部の機能はストアアプリの方で利用できなかったんですよね。

▼こんな風だった…

なので、複数人で Microsoft Whiteboard を利用する際には、ストアアプリを利用している人がいたら要注意だったわけです。なかなか不便だったと思います。それが、ストアアプリ版でも新しいエクスペリエンスになりました。

“Microsoft Whiteboard :ストアアプリも新しいエクスペリエンスになった” の続きを読む

Microsoft Whiteboard :新しいエクスペリエンスになった

つまり Microsoft Whiteboard が新しくなりましたね。すでに1・2週間前から僕の環境では展開されていたけど、こちらもウッカリ記事化を先送りしていました。

■ Microsoft Whiteboard 使っていますか?

前置きがちょっと長いですがお付き合いを。

Microsoft Whiteboard 使っていますか?一人でお絵描きするには「楽しい~」で終わってしまうのでリアルなホワイトボードを利用する時と同じような利用シーンで使った方が良いですよね。リアル会議においては会議室のホワイトボードを使う事って結構あると思います(僕は字も絵もヘタなので極力使いたくないけど…)。また、ホワイトボードに付箋を貼り付けてブレインストーミングするような機会もありますよね。それがこんな世の中になってオンライン会議においてはどうでしょうか?ホワイトボード使いたいなぁって思う時もあると思います。でもたぶん Microsoft Whiteboard の利用率は低いんじゃないかなと思います。

“Microsoft Whiteboard :新しいエクスペリエンスになった” の続きを読む

Microsoft Teams :会議で使う Microsoft Whiteboard が少し進化した!

Microsoft Teams のオンライン会議では、 Microsoft Whiteboard を使って仮想的にホワイトボードを共有して描き合ったりすることができます。これに関してはなかなか便利で、例えば実際の会議室にあるホワイトボードを使うと、次の会議室利用者のために消さないといけません。誰かが写真撮って共有するようなシーンもあるけど、まだ描き途中で会議終わっても続きをもう少し書き足したい!などの場合は困ります。リアルホワイトボードだと消し忘れや消しても薄く残っていたりして、機密とは言わずとも他の人に見られたらあまり良くないような情報がしっかり消せない場合もあります。しかし、 Microsoft Whiteboard を使えば、描き途中で会議が終わってもその状態のまま保存されるし、共有しているメンバー以外は見る事はできません。

ただ、少し残念なところがあります。ストアアプリの Microsoft Whiteboard は多機能ですが、 Microsoft Teams 上で利用する時は機能が制限されます。ストアアプリで開くボタンもありますけどね。
あとはタッチパネル対応PCでタッチペンがあれば最高だけど、ないと結構厳しいです。

で、それが今回少し進化していたので少し事情が変わりそう。

“Microsoft Teams :会議で使う Microsoft Whiteboard が少し進化した!” の続きを読む

Microsoft Whiteboard : Office 365 ホームのアプリタイルにWeb版が表示された

もうかれこれ1・2週間前の話になってしまいますが、突然 Office 365 ホームのアプリタイルに Microsoft Whiteboard のタイルが表示されるようになりました。

▼ここ

“Microsoft Whiteboard : Office 365 ホームのアプリタイルにWeb版が表示された” の続きを読む

Microsoft Teams :iOSのモバイルアプリも新アイコンに!&メッセージのUIが変わった!& Microsoft Whiteboard がモバイルからも使える!

本日、iOS のモバイルアプリにアップデートが来ました。

▼アップデート内容

おっ!新アイコンになるぞ!そして僕が気になったのは「会議中に Microsoft Whiteboard で共同作業を行う」という点。PC の方でもいつしか使えるようになっていたけど、モバイルの方も使えるようになるんですね。とりあえずアップデート!

“Microsoft Teams :iOSのモバイルアプリも新アイコンに!&メッセージのUIが変わった!& Microsoft Whiteboard がモバイルからも使える!” の続きを読む

Office 365 : Microsoft Whiteboard がプレビュー終了!

去年の12月にプレビュー版が始まった Microsoft Whiteboard ですが、ちょっと触った後にスッカリ忘却の彼方でした。

Office 365 : Microsoft Whiteboard Preview を数分だけ使ってみた

つい1週間前くらいにたまたま Microsoft Whiteboard の設定画面を見ていたらなんか気が付いたんです。

“Office 365 : Microsoft Whiteboard がプレビュー終了!” の続きを読む

Office 365 : Microsoft Whiteboard Preview を数分だけ使ってみた

先日、Office 365 の管理センターのメッセージセンターを読んでいたら、こんなメッセージがありました。先行リリースのテナントで使えるようです。おっ!なんか新しいサービスのプレビュー版が追加?ホワイトボード?それ聞いただけで機能は想像できましたが、ワクワク!

そこから以下のページへリンクが。サービスをオンにする説明をしています。

Whiteboard Public Preview

To-Do などと同じく管理センターの「サービスとアドイン」でオンにしないと利用できません。

▼管理センターの「設定」→「サービスとアドオン」に「Whiteboard」が!

※ちなみにこの項目が表示されたりされなかったり…。昨日表示されてオンにしたのに、今日は表示されていません。

▼出現した右パネル内で「オフ」を「オン」にして保存。

管理センター側の作業はこれでおしまい。

さて…ここからどうするんだろ? Office 365 ホームなどのタイルには表示されていません。色々リンクをたどると、以下のページに行きました。

Microsoft Whiteboard Preview

▼「GET STARTED」の前に夢が広がる「WATCH THE VIDEO」を観てみると楽しいですよ。

動画を観終わった後に、「GET STARTED」をクリックすると…

▼ガーン…

ブラウザではなくアプリで動くサービスで、 Windows 7 では使えません。タッチパネルも必要なようですね。

なので Windows 10 の Surface Pro 4 でアプリを入れ、とりあえず数分使ってみました。

▼こんな感じ(字…下手…)

ホワイトボードという事もあり、直感的に使えます。定規が何気に便利だなと思いました。Surface Pen を使えばもっと便利そうだけど高いので買っていません…(そろそろ買うかなぁ…)。

他にも画像を貼り付けたりもできますが、それは追々遊んでみます。 Surface Hub があると楽しそう。