Microsoft Stream :自動字幕生成が日本語対応されていないので手動で字幕を入れてみる

ワケあって Microsoft Stream の情報収集をしているんですが、意外と調べる事多いなぁという印象です。ここでも「グループ」を作ると、裏で Office 365 グループ が作成されるんですよねぇ。それと Microsoft Teams と同じく英語で「Channel」という言葉が出るけど、Teams は「チャネル」と日本語訳されているのに対し、 Stream では「チャンネル」と日本語訳されているんですよね。不思議です。

さて、 Microsoft Stream の非常に残念な点として、使い方の夢が広がる「自動字幕生成」の機能があるってのに、サポート言語が英語とスペイン語だけという残念なオチが。自動字幕ができたら会議の議事録の文字起こしも楽になりそうだし、動画の検索にも楽ですよね。
先月一般提供された Azure Video Indexer は日本語もサポート対象なんだから、 Microsoft Stream もできない事はないと思うけど、素人考えでしょうか。

この残念な自動字幕ですが、手動でも字幕を入れる事ができるんですよね。今回はそれに挑戦してみます。

“Microsoft Stream :自動字幕生成が日本語対応されていないので手動で字幕を入れてみる” の続きを読む

Microsoft Stream :ライセンスの概要ページに Business Premium / Essentials が追加されましたね。プランごとの機能差は?

ライセンスの概要
https://docs.microsoft.com/ja-jp/stream/license-overview

8/27の時点では上述のページではまだライセンスに利用ができるようになったプランの記載がなかったのですが、さきほど確認したら更新されていました。

▼抜粋

なるほど、新しく追加されたプランの機能差はライブイベント系ってことですね。動画内の顔検出など下3項目に関しては近日公開予定という事。

そうそう、それとストレージですが、8/27時点では新しく利用できるプランで設定画面を確認したら上限が「200GB」になっていましたが、今確認したら「501GB」でした。
僕のテナントは僕と嫁さんと2ライセンスなので500GBの固定ストレージ+2ライセンス×0.5GB=501GBですね。(計算方法の詳細も上述のページ内に記載あります。)
つまり、ストレージに関してもプランによる差はないようです。

しかし、扱うファイルが動画って事もあり、500GBは利活用が進むほどすぐ枯渇しそうですね。

いずれにせよ、利用できるようになったプランが追加された事はうれしい限りです。

Microsoft Stream : Office 365 Business Premium などのプランで利用できるようになった!

数日前の記事では利用可能そうで動画のアップロードができず実質利用できていない状態でした。

Microsoft Stream :Office 365 Business Premium などのプランでも利用可能になる!?

それから毎日 Microsoft Stream のホーム画面をウォッチしていたのですが、
ようやく利用可能になったようです!

“Microsoft Stream : Office 365 Business Premium などのプランで利用できるようになった!” の続きを読む

Microsoft Stream :Office 365 Business Premium などのプランでも利用可能になる!?

僕のプライベートテナントのプランは僕が Office 365 Business Premium で、嫁さんは Office 365 Business Essential です。なので今までは Microsoft Stream は試用版でしか使う事ができませんでした。

それが8/25にメッセージセンターに上がったメッセージに使えるようになると!

▼メッセージの内容

日本語訳だと使えるようになる対象のプランがよくわからないので英語で見ると

▼英語ではこんな感じ

ここで記載されているのは

Business Essential
Business Premium
Microsoft 365 Business plans

との事。 Microsoft 365 のプランは良く知らないけど、 plans って書いてあるからBusiness系のプランって事かな?

“Microsoft Stream :Office 365 Business Premium などのプランでも利用可能になる!?” の続きを読む