SharePoint : Kindle Webパーツは日本の書籍でも表示できた!

以前こんな記事を書きました。

SharePoint :モダンページのWebパーツに新しく実装された「Kindle インスタント プレビュー」「Twitter(プレビュー)」を試す

この記事の中では英語版のAmazonサイトにはShareの方法に<embed>があり、ここから埋め込みコードを取得して Web パーツに貼り付ければOKだったけど、日本語版だとなぜか<embed>がないので埋め込みコードを取得する事ができず、また、英語版Amazonサイトでは日本の書籍を検索しても出てこなかったので、結果的に使えないって思っていたんです。

“SharePoint : Kindle Webパーツは日本の書籍でも表示できた!” の続きを読む

SharePoint :天気 Webパーツが追加されました(今のところ難アリ)

SharePoint Online のモダンページに新たに 天気 Webパーツが追加されました!

▼これです

必要かどうかというと…別に…という感じでもあるけど(笑)新しいモノが好きなので早速試してみました。

しかし!今のところ難アリです。

“SharePoint :天気 Webパーツが追加されました(今のところ難アリ)” の続きを読む

SharePoint :モダンページのリスト・ライブラリWebパーツのデザインが若干変わった

未だにプレビュー版であるモダンページのリストWebパーツおよびドキュメントライブラリWebパーツ。去年の12月に「+新規」「+アップロード」などのボタンが追加されたんですよね。

SharePoint :モダンページのリスト・ドキュメント ライブラリ Webパーツに新規ボタンなどのコマンド バーが追加された!

▼上記記事から取ってきた当時のスクショがこれ

で、最近ちょっとこのボタンが配置されているコマンド バーのデザインが地味に変わっていました。

“SharePoint :モダンページのリスト・ライブラリWebパーツのデザインが若干変わった” の続きを読む

SharePoint :ハブサイト( Hub Sites )のナビゲーションの色々

結構前からハブサイトを作って実際に家庭内テナントでは利用しているんだけど、ブログにはネタとして全然登場させていませんでした。本当だったらハブサイトの作り方あたりから記事にしていけば良いけど、このブログはマイペースです(笑)

ってことで、ハブサイトを作成した後に表示されるハブサイト用のナビゲーションについての記事です。

“SharePoint :ハブサイト( Hub Sites )のナビゲーションの色々” の続きを読む

SharePoint :モバイルアプリでモダンサイトのホームページに追加したニュースWebパーツの小さな変化

2週間前の記事でモバイルアプリでモダンサイトのホームページを表示すると、ニュースの追加をするのに若干手間がかかるという話もしました。

SharePoint :モバイルアプリでモダン チーム サイトのホーム ページの表示に対応されました!

ホームページの代わりにアクティビティが表示されていた頃は、そこから「+追加」リンクを1タップでニュースの追加ができていたのですが、ホームページが表示されるとニュースの追加をするのに3タップが必要で、更にその操作がUX的には良くない感じでした。
ホームページのニュースWebパーツにも、Webパーツのタイトル周辺に「+追加」リンクが欲しいところです。例えばリストWebパーツなどは「+新規」リンクは実装されましたからね。

ただ、ここ最近、シレっと変化があり、3タップ必要だった操作が2タップになります。(たった1タップの削減だけどされど1タップです。)

“SharePoint :モバイルアプリでモダンサイトのホームページに追加したニュースWebパーツの小さな変化” の続きを読む

SharePoint :モバイルアプリ( iOS )からニュースを投稿してみるとテキスト Webパーツの挙動がおかしい

プライベートのテナントでは SharePoint の家庭用のチームサイトにニュースを投稿する時、写真も投稿するので iPhone のモバイルアプリから投稿するのですが、テキスト Webパーツにテキストを入力する際におかしな挙動を発見しました。(Androidはわかりません。)

これからテキスト Webパーツに「色々あったけど」と入力しようと思います。

▼テキスト Webパーツを追加し、中にテキスト「いろいろ」と入力します。

▼「いろいろ」を「色々」と漢字に変換します。

▼次に「あったけど」と入力します。

この動作なら普通なら「色々あったけど」と入力されるのに、なぜか入力したはずの「色々」が消えて、「あったけど」だけになってしまいます。

不思議に思って何度か試しているうちにおかしな挙動を発見しました。

▼「色々」を漢字に変換すると、何故か「色々」が選択された状態になるんです。

この状態で次を入力すると、選択されたテキストは上書きされてしまうんですよね。

この現象は漢字変換しなくてもテキストの確定で起きます。また、テキスト Webパーツ内の最初のテキストの確定のみで起きる現象です。

【回避方法】

面倒ですが、変換するなどした後にテキストが選択されてしまったら、タップして選択状態を解除しましょう。

▼テキスト Webパーツ内で、最初のテキストを入力後に選択状態になったら

▼タップして選択状態が解除されカーソルがテキストの後ろに表示されます。

▼この状態で後続のテキストを入力すればOKです。

回避方法はあるものの、この変な挙動を失念してイライラする事が多いです。英数半角など1バイト文字では起きない現象なので、修正はなかなかされないかもしれないです。このようなユーザーがストレスを感じる挙動は利活用の妨げにもなるので、早く改善されるとうれしいなぁ。

SharePoint :モバイルアプリでモダン チーム サイトのホーム ページの表示に対応されました!

iOS では本日(昨日の夜かも?)アプリのアップデートがあり、ようやくモダンチームサイトでもホームページの表示に対応されました!
モダンUIはせっかくレスポンシブWebデザインなのに、モバイルアプリでアクセスすると、コミュニケーションサイトは去年の8月あたりにホームページが表示されるようになったけど、その他のサイトはアクティビティが表示される仕様でした。

iOS の SharePoint アプリとコミュニケーション サイト

クラシックサイトは仕方ないとしても、モダンチームサイトでホームページが表示されないのはイケてないなぁと思っていたのですが、ようやくそれに対応したようです。早速アップデートして触ってみました。

※以下、検証は iPhone X のみです。

“SharePoint :モバイルアプリでモダン チーム サイトのホーム ページの表示に対応されました!” の続きを読む

SharePoint :モダンUIのリスト/ライブラリから日付列を追加する時

▼先日、このようなメッセージが Office 365 管理センターに出てきました。

相変わらず翻訳がよくわからないのは仕方ないとして、モダンリストで日付列を追加する際に多くのオプションを使用できるとの事。

“SharePoint :モダンUIのリスト/ライブラリから日付列を追加する時” の続きを読む

SharePoint :さようなら、ニュースフィード!Newsfeed!(T_T)/~~~

メッセージセンターに悲しいメッセージが表示されましたね。タイトル見るだけだとよくわからないけど、 SharePoint のニュースフィードが使えなくなります。(読み取り専用になる)

思えば、 SharePoint 2013 が登場した際に、「エンタープライズソーシャル」が目玉機能の一つだったと思いますが、その後すぐだったと思うけど Yammer を Microsoft 社が買収し、ニュースフィードを Yammer に置き換える動きが出てきたころから、こんな日が数年後には来るのかなとは思っていました。

とはいえ、 SharePoint 2013 を利用していた頃は、その環境では利用NGという悲しい決定が下されたので、僕自身ニュースフィードはほとんど使った事ありません。

その頃は「ビジネスチャット」という言葉は今ほど聞かず、「社内SNS」「エンタープライズソーシャル」あたりが良く聞くキーワードでした。ただし、特に日本の企業では、導入の決定権を持つ層には「遊びじゃないの?」「サボって生産性落ちるんじゃないの?」と漠然と嫌われ、IT部門からは「(よくわからないから)問い合わせ対応できないし、めんどくさい」「炎上とかあっても困る」などと嫌われ、 SharePoint 2013 導入していれば標準で利用できる、つまりタダで利用できるのに、機能を殺してしまう企業は多かったと思います。(オンプレでは容量の問題から個人サイトコレクション自体をNGにしてしまう企業が多かったかな。)
しかし、現場では利用したいニーズは結構あり、社内で用意してくれないんだったら…と、外部の無料サービスなどに内緒で手を出してしまう、シャドーITの横行。僕自身も複数の環境でそんな現実を見てきました。(未だにそんな感じですね。)

環境移った(転職)頃にはすでにニュースフィードは影がうすく、密かにモバイルアプリも終了となり、まったく使わずじまいでした。時代もエンタープライズソーシャルよりもビジネスチャットが注目されてきましたし。

今後はこれまでに追加されてきた、 SharePoint ならニュースやコミュニケーションサイト、それと Yammer などに置き換えてくれとの事です。(ここに Microsoft Teams が入っていないのはエンタープライズソーシャルというカテゴリーではないという意図があるからでしょうかね。わかりませんが。)

個人的にニュースフィード機能で気になったのがドキュメントをフォローするという点です。 SharePoint ならではというか、更新情報を追跡できるって結構良いと思うんです。

ドキュメントをフォローして追跡する
https://support.office.com/ja-jp/article/-e022c55c-4bf0-4809-8b3a-1da870cf17d7

結局はその便利そうな機能の恩恵はほぼ享受できなかったのですが、まぁ旧来からある通知機能を使えば良いという事ですかね。

あ、ニュースフィード機能はさようならですが、サイトフィードは継続で利用できるそうです。なぜそこは対象外なのかよくわかりませんが。

世の中の動向もめまぐるしいし、ITの世界もめまぐるしいし、 Office 365 の世界もめまぐるしいですね。

SharePoint :モダンUIに設定しても集計値列を追加すると一部クラシックUIになっちゃう

会社の人に相談されたんです。「モダンUIなのにアイテムのタイトルをクリックした時だけクラシックUIでアイテムページが表示されるんですけど。」って。ん?と思って実際見せてもらうとその通りの挙動でした。そういえば以前リストの設定をイジっててダイアログボックスを表示させる設定をした後に似たような現象が起きた気がしたけど、今回はリストの設定は特にイジっていない。そこで、リストを作った後にやったことを一つずつ再現したところ、集計値列を追加した段階でおかしくなる事がわかりました。

再現してみます。

▼作成したリストをモダンUIで表示。テストで1件アイテムを追加しました。

▼この状態でアイテムのタイトルをクリックすると、右パネルが出現し、中にアイテムの詳細が表示されます。

▼アドレスバーのURLを直打ちして「DispForm.aspx」を表示するも、まぁモダンUIです。

ここまでは正常動作です。

▼次に、「集計値」列を追加しました。

▼ビューに列が追加された事を確認します。ビューはモダンUIのままです。

▼この状態でアイテムのタイトル、もしくは「…」メニュー内の「開く」をクリックすると…

▼右パネルではなくDispForm.aspxに遷移し、クラシックUIで表示されました。

▼元に戻ればモダンUIのビューです。アイテムを編集にしてみると…

▼編集はモダンUIのまま右パネルが出現します。

▼EditForm.aspxをアドレスバー直打ちで表示すると、こちらも問題なくモダンUIでした。

▼アイテムを選択して「i」ボタンでプロパティを確認しても、集計値列は表示されません。

これは、ここのプロパティはこの中で編集ができる事からもEditForm扱い(表現が難しい…)だと思うので、編集画面には集計値列は表示されないのは昔からそうなので、仕様通りなのでしょうか。

結局のところは現時点では以下の通りの結論です。

集計値列を追加すると、DispForm.aspxのみクラシックUIになってしまう。

そのうちシレっと修正されると思うんですけどね。