SharePoint :セクションの背景が更に進化(カスタム背景も追加)

日本時間で昨日から Microsoft Build 2024 が開催されていますね。 Microsoft が年次で開催する複数イベントの中でも Microsoft Build は開発者向けなので非開発者の人には関係ないように思えますが、イベントに合わせて多くのアップデートが発表されたり一般提供開始されたりするので、サティア・ナデラさんのキーノートを眺めて、あとはニュースブックがあるので眺めて気になる機能を更に深掘りして調べていくと良いと思います。今回は Microsoft 365 に関しては割と少な目な印象を受けましたが、 SharePoint でカスタム Copilot が作れたり、Team Copilot の発表があったり興味深いですね。

Microsoft Build 2004 ニュースブック
https://news.microsoft.com/build-2024-book-of-news/ja/


さて、本題に。

およそ1カ月前の2024年4月に以下の記事を書きました。

SharePoint :セクションの背景が新しくなった

SharePoint のページやニュースのセクションの背景が4種類だったのが16種類に増えて少し調整できるようになったアップデートでした。

これが今朝確認したら更に進化していました。 Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターにアナウンス出ていたかな?と思って調べようとしたら、現在管理センターがエラーで表示されないので確認はできませんでした。

▼滅多に見る事のない画面…

仕方ないので、どう変わったのか触ってみます。

“SharePoint :セクションの背景が更に進化(カスタム背景も追加)” の続きを読む

Microsoft Lists :新しいフォームエクスペリエンス

すでに標準リリースでも展開完了している予定なので、多くの人が知っている・気が付いているとは思いますが、注目の新しいフォームエクスペリエンスが使えるようになっていますね。

Microsoft Lists のフォームが新しくなるよってアナウンスはちょうど1年前くらいの2023年5月の Microsoft Ignite で発表されました。当時は「ファンタスティックフォーム」なんて名前で、アメコミのファンタスティック・フォーの面々が思い浮かんじゃったりしました。今は聞かないですね。とにかくアナウンスから1年弱でようやく一般に展開されました。

新しいフォームエクスペリエンスって言うくらいなのでフォームについてです。つまり Microsoft Lists 風に言えば「新規アイテム追加の画面」の体験が新しくなるという事です。これ先に言うと体験が変わるというよりは体験が追加されるです。既存の新規アイテム追加の画面が刷新されるわけじゃなく、それはそれで残しておいて、全く別の新たなフォームを作成できます。

2024/02/14 付けで Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターに以下のメッセージが公開されました。

▼(更新済み)Microsoft Lists: 新しいフォーム エクスペリエンス

いったい何が新しいのか?これ誤解を恐れずに一言で言うとしたら「 Microsoft Forms のフォームのような事ができる」かなと思います。本記事を読み進めると徐々にわかってもらえると思います。

では実際に触ってみます。

“Microsoft Lists :新しいフォームエクスペリエンス” の続きを読む

SharePoint :セクションの背景が新しくなった

SharePoint を単体で使っていますか?ページやニュース使っていますか?なんとなく Microsoft Teams が出て来てから SharePoint は縁の下の力持ち的存在になってしまい、知らないところでチームの裏側でライブラリが利用されている程度な会社が多い気がします。とはいえ、いわゆるポータルサイトはどうしても必要かというとそういうわけでもなく、結局目的が達成できているのであれば手段は何でも良いんですよね。なので無理して SharePoint を単体で使わなきゃいけないという考えもまた違うのかなと。一昔前までは SharePoint はリストがメインだったと記憶しています。「お知らせリスト」なるテンプレートがあり、それが掲示板的役割でした。掲示板と言っても双方向ではなく、いわゆる通達・連絡のように一方向の発信に利用されていましたね。でも今は(今ってほどでもないけど)やはりページ・ニュースをいかに使うか?が SharePoint の単体利用のキーとなると思います。

いつもの事ですが冒頭から脱線していますが、あまり利用されていない印象の SharePoint のページ・ニュースですが、よく聞くのが「わかりにくいUI」「直感的ではない操作性」という感想。僕は SharePoint 2007 から触っているので、昔に比べれば格段に良くなったし、また当ブログも WordPress 使っていますが、 WordPress と結構似た操作感なんですよね。むしろこれ以上わかりやすいUIってどんなものだろう?よりわかりやすくすると逆に「シンプル過ぎてもっと自由に操作させろ」みたいに、どんな状況でも文句言ってやらない理由見つけているのでは?とか疑ってしまいそうになります。とはいえ、最近 SharePoint 触ってみた人や WordPress なんか触った事ない人達からしたら、率直な感想として「わかりにくい」などのネガティブな感想は出てきてしまうかもしれないですね。

そんなページ・ニュースですが、まず1ページ内にセクションという枠組みを設けられ、そのセクション内に多種な Webパーツを追加していくというパズルなのですが、今回はその「セクション」のデザインに関するアップデート。

2024/03/05 付けで Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターに以下のメッセージが公開されました。

▼ Microsoft SharePoint Online: ページとニュースの新しいセクションの背景

簡単に言えばセクションの背景のオプションが増えたという事ですね。そもそもセクションの背景が指定できるようになったのは、2019年1月あたりの事。

SharePoint :モダンページで「セクションの背景(Section background)」が指定できるようになった!

当時から今までは4種類の背景色のみでした。これは適用されているテーマによって色は違いますが、背景色なしと、ニュートラルは背景色、ソフトな背景色、濃い背景色という感じです。

それが今回のアップデートで4種類から16種類に増え、更に少し細かく設定できる項目が追加されました。僕の環境にもようやく展開されたので、見てみます。

“SharePoint :セクションの背景が新しくなった” の続きを読む

Microsoft Forms:フォームの削除の仕方がわからないという人のために

「 Microsoft Forms でフォームが削除できなくて困っている」という話を聞きました。

あ、その前に、 Microsoft Forms には個人フォームとグループフォームがあります。おそらく多くの方はグループフォームの存在を知らずに個人フォームを作成していると思います。今回のお困りごとも、個人フォームの事です。

■ユーザー体験の確認

削除できなくて困っているユーザーの操作を再現します。

▼ Microsoft Forms のスタートページを開く

この「削除したいフォームだよ」を削除したいとします。ユーザーがとる行動としては、

▼該当フォームを右クリック、もしくは右下「…」をクリック

このメニュー内にフォームを削除するメニューがあると思いますよね。それっぽいのは一番下の「最近使用した項目から削除」だと思いますが、文面を見る限りはフォーム自体を削除してもらえそうにない。実際にこのメニューをクリックしてみます。

“Microsoft Forms:フォームの削除の仕方がわからないという人のために” の続きを読む

Microsoft Teams :チャネルをアーカイブ(気になる挙動も発見)

Microsoft Teams の利活用が進むほど運用管理の課題がたくさん出てきます。多くの企業では Microsoft Teams の利活用促進自体が課題だったと思いますが、コロナ禍以降は否が応でも利用せざるを得ない状況になった事で、結果的に利活用が促進された企業もこれまた少なくはなかったのではと思います。それでも利活用が進まないという企業もたくさんいますが…。そして利活用促進自体が課題だった場合、ある程度達成できた段階でそれがゴールになって安心してしまいがちですが、あくまでもようやくスタートに立てた状況なんですよね。そこからの運用課題が永遠のテーマの如くたくさん出てくるでしょう。そして「運用課題」と聞くとIT部門の課題と思われがちですが、 Microsoft Teams のみならず Microsoft 365 はユーザーがある程度自由に利用できるものなので、多かれ少なかれ自由には責任が伴います。例えば Microsoft Teams でチームを作成すれば、チーム所有者はそのチームを運用していく責任が伴います。チーム所有者だけの責任でもないですね。チームメンバーだって同じです。つまりIT部門でもない一般ユーザーにも「運用課題」が出てくるわけです。わかりやすいところで「チーム増えすぎ問題」「チャネル増えすぎ問題」「グループチャット増えすぎ問題」あたり。ライフサイクル管理にもなってきます。他にも色々な課題は一般ユーザーにも出てきますね。さて、当ブログではいつも前置きが長いんですが、今回も前置きが長いのは、「ただの一般ユーザーであっても運用課題がある」という事を意識してほしいからでした。そして課題解決の糸口として Microsoft Teams の機能を知っておく事と、どういう時にその機能を使うべきか?という利用シーンを想定するところが大事になってきます。今回はそのたくさんある機能のうちの一つでもある「アーカイブ」について。

さて、 Microsoft Teams のチームには以前からアーカイブ機能はありました。

Microsoft Teams :チームをアーカイブできるようになりました

2018年なので割と以前からあったんですね。

今回はチーム単位ではなくチャネル単位でアーカイブできるようになったので紹介します。

“Microsoft Teams :チャネルをアーカイブ(気になる挙動も発見)” の続きを読む

OneDrive for Business / SharePoint:Word Excel PowerPoint 以外のファイルもアプリで開く

※記事にするのを忘れていたので実装期間は標準リリースでも1月下旬で完了している機能です。

SharePoint やブラウザーで利用する OneDrive for Business (以下 ODfB ) では、これまで Word / Excel / PowerPoint のファイルを開く際に、〇〇 for the web としてブラウザーで開くか?デスクトップアプリで開くか?の選択が出来ていました。

▼例) Excel を開く際の選択肢

お好きな方で開いて閲覧するなり編集するなりができたと思います。でもアプリで開く事ができるのは Word Excel PowerPoint のみだったんですよね。

それが今回のアップデートで他の種類のファイルもアプリで開けるようになったという事です。

2023/11/14 付けで Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターに以下のメッセージが公開されました。

▼(更新済み)OneDrive をアプリで開く機能

SharePoint のライブラリや ODfB 内のファイルをネイティブアプリで開くことができますよ、という事です。注意点としては、 OneDrive 同期アプリ がPCにインストールされていて利用されている事が前提のようです。僕のPCは全て OneDrive 同期アプリが入っているので、わざわざアンインストールして確認するのは面倒なので検証はしませんが。割と OneDrive 同期アプリの利用を禁止している企業が少なくはないように思えるので、その方々にとっては残念ですね。便利なんですけどね、同期アプリ。

では確認してみます。

“OneDrive for Business / SharePoint:Word Excel PowerPoint 以外のファイルもアプリで開く” の続きを読む

SharePoint :サイト作成時の案内や導線が変わった

SharePoint からサイトを作成する事って僕もそんなに多くないです。チームサイトの場合は Microsoft Teams でチームを作れば自動で作成されるけど、そうじゃなくて SharePoint 単体でサイトを作成する機会はあまりありません。なので以前作成したのがいつだったか忘れたけど…でも半年も前じゃなくここ1カ月2カ月前の話です。なので今日気が付いた変化はここ数カ月の変更かと思います。大きな変更ではないけどちょっと試します。

▼ SharePoint スタートページの左上の「+ サイトの作成」をクリック

あ、ここに「+ サイトの作成」がない人はテナント管理者がユーザーがサイト作成をNGにしている設定にしているのであきらめてください。これね、 Microsoft Teams は自由にチームが作成できるのに、 SharePoint は自由に作成できない設定にしているところもあるみたいで、何でそういう設定にしているんでしょうね?だって Microsoft Teams でチームを作成すれば、 Outlook から Microsoft 365 グループを作成すれば、 Microsoft Planner でプランを作成すれば…などなどで SharePoint のチームサイトも自動で作成されちゃうので…ユーザーにコミュニケーションサイトを作成させたくないという事なんですかね?まぁ、それはイイや。

“SharePoint :サイト作成時の案内や導線が変わった” の続きを読む

Microsoft Lists / SharePoint :画像列に添付した画像ファイルの保存先が変更されていた

だいぶ前に変更されていたのにずっと書き忘れていました。割と大事な事なのに…。

Microsoft Lists / SharePoint のリストの画像列に直接画像をアップロードできるようになったのが2020年11月。

SharePoint / Microsoft Lists :画像列から直接画像がアップロードできるようになった!しかし色々と…

意外ともう3年も経過していたんですね。この記事でも書いているけど、画像の保存先はどこだろう?と思ったら、てっきりアイテムの添付ファイル扱いなのかと思ったら、同じサイト内の「サイトのリソース ファイル」という既定で存在するライブラリ内に暗号のようなフォルダーが作成されて、その中に保存されてちょっとう~んという感じでした。

そしてリストを Power Apps でアプリ化した時に Power Apps のアプリから画像列にアプリを追加・更新・削除できるようになったのが2022年9月でした。

Power Apps : Microsoft Lists / SharePoint のリストの画像列の画像をアプリ上で追加・更新・削除できるようになった

これは凄く僕にとっては待望で、自分で使っているアプリをこれに合わせて改修しました。

そして1年ちょい…。風の噂で、画像列に添付したファイルの保存先が変わったぞ!という事を聞いて、実際に変わっているのを確認したんですよね。なのに記事化するのを忘れていました。実際に試してみます。

あ、僕調べだと Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターにこのアナウンスはなかったような気がします。 Microsoft 365 ロードマップの方では掲載されているのかな?ま、ちょっと探せなかったので置いときます。

“Microsoft Lists / SharePoint :画像列に添付した画像ファイルの保存先が変更されていた” の続きを読む

SharePoint :強調表示されたコンテンツ Webパーツが動画のインライン再生に対応

こちらも少し鮮度落ち目のネタです。

僕の朝のルーティンは Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターをチェックして、関心あるものをお気に入りに入れ、 X (旧 Twitter )にポストするところからスタート。過去のメッセージを見てアップデート展開されてそうな機能を実際に確認。展開を確認したら先に X にポスト。つまり X が最初の僕の備忘録。展開確認できた機能の中から1つを選んでブログ記事化。記事化したネタのメッセージセンターのメッセージを見つけてアーカイブ化。こういうサイクルでやっているけど、公私ともに忙しくなると余裕がなくなり記事化が鈍化してしまうので、ふと自分の X のポストを見返した時に記事化し忘れているネタを見つけるわけです。今回もそれです。冒頭からどうでも良い話をぶっこんでしまいました。

さて、 Microsoft Stream ( on SharePoint ) への移行フェーズもだいぶ終了に近づいている中、 SharePoint のページ・ニュースに Microsoft Stream の動画をインライン再生(そのページ上で動画を再生)できるWebパーツにも色々と変化がありました。一番代表は Stream Webパーツですね。 Stream (クラシック) Webパーツが廃止され、新たな Stream Webパーツに置き換わりました。

SharePoint :新しい Stream Web パーツ が登場

まぁこれさえ知っていれば十分かとは思いますが、他にも動画ファイルを扱うWebパーツは色々あります。「ファイルとメディア」「ヒーロー」「埋め込み」などなど。

SharePoint :「ファイルビューアー」 Webパーツの名称が「ファイルとメディア」に変更された

SharePoint :ヒーロー Webパーツで動画再生ができるようになった

埋め込み Webパーツに関しては僕のブログでは取り上げていませんが再生開始時間を指定できたりするメリットがあり、 Microsoft MVP 仲間の太田さんが記事を書いてくれているのでそちらのリンクを貼っておきます。

SharePoint Online のページに動画を埋め込む 3 つの方法を紹介 – idea.toString();
https://idea.tostring.jp/?p=7284

あ、そしてもう1つ方法がありました。 Microsoft Stream のプレイリストを作成し、リストWebパーツにプレイリストを表示させる方法。

Microsoft Stream :動画を整理できるプレイリストが使えるようになった

そしてようやく今回の本題。これまで Microsoft Stream の動画をインライン再生させるWebパーツは上記5種類ありましたが、さらに1つ追加されて6種類になりました。それが「強調表示されたコンテンツ」という変わった名前のWebパーツです。

2023/10/26 付けで Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターに以下のメッセージが公開されました。

▼ 強調表示されたコンテンツ Web パーツでのビデオ インライン再生

インライン再生ができるようになるには条件があるようですが、そこらへんも含めて触ってみたいと思います。

“SharePoint :強調表示されたコンテンツ Webパーツが動画のインライン再生に対応” の続きを読む

SharePoint :ドキュメントライブラリ にもテンプレート

こちらも標準リリース環境でも11月中旬に展開されたので少し遅い情報になるけど、色々忙しかったのでゴメンナサイ!

という事で、 SharePoint と言えば、「ページ・ニュース」「ライブラリ」「リスト」が3大要素ですよね。この中でも「リスト」は今や Microsoft Lists として独立したサービスとなり、「ライブラリ」は SharePoint 単体で利用せずとも例えば Microsoft Teams のチームでメッセージにファイルを添付すれば SharePoint のライブラリに保存されていたりと意識せずとも利用しており、 SharePoint オリジナルというか SharePoint 単体として利用するのは「ページ・ニュース」くらいですよね。

そんな中から「ライブラリ」に関するアップデートですが、特に Microsoft Teams のチームのファイルタブ内の実態として利用されているドキュメントライブラリだと、本当にただのファイル保存先としかライブラリは活用されないです。でも本来のライブラリのメリットの中でも上位に食い込むのが、ライブラリでも列を追加できるという点。メタデータを付けられるという点。これはおそらく SharePoint を単体で利用するには今後はドキュメント管理という側面が非常に大事になってくるので、メタデータという観点は非常に重要になってくるかと思います。特に Microsoft Teams で間接的にしかライブラリを利用していないユーザーは実は知らない人も多いと思います。また、ライブラリに保存するファイルは多種多様だと思います。なので目的用途に合った形でライブラリをカスタマイズした方が良い場合もあります。このように本来のライブラリのポテンシャルが全然活かされていなかった事を考慮してか、ドキュメントライブラリ作成時にテンプレートが追加されました。テンプレートがジャストフィットする目的用途であればそのまま使えば良いし、類似したものであればテンプレートから作成後にカスタマイズすれば良いし、そうじゃなくても一度テンプレートから作成してみて、ライブラリの色々な機能を知る事もできるかと思います。

2023/10/31 付けで Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターに以下のメッセージが公開されました。

▼ (更新済み)SharePoint: すぐに使用できるドキュメント ライブラリ テンプレート

という事でほとんどのユーザーがすでに利用できると思います。では試してみます。

“SharePoint :ドキュメントライブラリ にもテンプレート” の続きを読む