Microsoft Teams :「組織全体」チームが作成できるようになりました

▼チーム作成時のプライバシー設定の選択肢に新たに「組織全体」が追加されています

先日、「組織全体」チームが作成できるようになってるという噂があったのですが、自分のテナントでも作成できるようになっていました。

これって、一番最初に気が付いたのは、無償版 Microsoft Teams の登録時に勝手に作られている最初のチームが「組織全体」ってなっていた事を発見した時でした(以下の記事で紹介しています)。

Microsoft Teams : 無料で利用できるようになったのでサクっと試してみた!

無償版のメンバー上限は組織全体で300ユーザーだけど、 Office 365 の Microsoft Teams の場合は、 Office 365 グループのメンバー上限が2,500ユーザーだったのに引きずられて、 Microsoft Teams のチームメンバーの上限は2,500ユーザーです。なので、この「組織全体」を選択できる環境は限られているのでは?と推測していたのですが、正式なページが公開されていました。

Create an org-wide team in Microsoft Teams
https://docs.microsoft.com/en-us/microsoftteams/create-an-org-wide-team

例によって英語が苦手なので Google 翻訳先生の全面的な協力の元、大事そうな部分だけリストアップしてみました。

  • 中小企業が対象のようです
  • Active Directoryの最新状態を保つ(ユーザーが組織に参加したり離れる時)
  • グローバル管理者のみ組織全体チームを作成できる
  • 組織全体チームは1,000人以下の組織に限定(将来的にはこの上限を増やそうとしている)
  • 組織全体チームを作成すると勝手にユーザーが追加される
  • テナント管理者は所有者に、その他はメンバーで追加される
  • (たぶん)Microsoft 365 管理センターの「アクティブなユーザー」に含まれているユーザーは追加される
  • チーム、ゲストユーザーなどはチームに追加されない
  • ライセンスが無効になるなど変更した内容は自動的に同期され、ユーザーはチームに追加または削除される
  • 組織全体チームからはメンバーが離れることができない(脱退できない…)
  • チーム所有者は手動でユーザーの増減ができる
  • 会議室や備品なども追加・同期される可能性があるので、所有者は削除しましょう

と、こんなもんでしょうか。
また、ベストプラクティスが提示されています。

■チーム所有者のみが一般チャネルに投稿できるようにする

たぶんだけど、一般チャネルで大人数でワチャワチャやるとカオスになるから、そこは所有者が告知文を投稿するなどに利用して、基本的にはメンバーは一般以外のジャンル分けされたチャネルで整理して会話しましょうという事かな。

▼設定場所

▼設定結果(メンバーだと一般チャネルにメッセージ送信できない)

■@team や @[チーム名] を無効にする

組織全体だと人数が多いのでチームメンバー全員宛のメンションは過負荷を与えるのでやめましょうと。過負荷(英語ではoverloading)の意味がイマイチ良く分からないけど、システム的な負荷という事?ではなさそう。運用上という事かな?通知がガンガン届くのでメンバーがウンザリするとか。

▼設定場所

▼設定結果(@teamが使えない)

■重要なチャネルは自動的にお気に入りに

チャネルを作成する際にメンバー全員に自動的にお気に入りに入れる設定があるけど、重要なチャネルの場合はその設定にしましょうとの事。

▼チャネル作成時の設定項目


組織全体チームは Yammer みたいなSNS的な使い方っぽいですね。チャネルが Yammer で言うところのグループという感じで。あとは、今までは SharePoint で実現させていた社内ポータルの全社掲示板みたいに流れてしまうフロー情報なども置き換えられそう。

組織によってそれぞれ都合があるので、多様な使い方ができる事は良い事ですね。ただ、このように機能や設定次第では各サービスと利用方法が被る領域が出てくるので、自分の組織にとってどういう使い方・使い分けがベストであるか?ユーザーである従業員がその思想について来れるか?など、道がたくさんあるが故に検討が難しくなりますね。制限事項や仕様なども考慮しなければいけないし、それぞれのサービスの Microsoft が示す方向性も考えないといけないし。
むしろ開き直って、「好きなもの使えばイイんじゃない?使われないよりはマシだし。」くらいの考えもアリなのかもです。

Microsoft Teams :一度削除したチャネルだとしても、そのチャネル名で再度作成できない

Microsoft Teams では、チーム内で同じチャネル名を複数作成できません。それは生きているチャネルだけじゃなくて削除済のチャネルのチャネル名でも同じですよ、という話です。

実際にどういう現象かを見てみます。

“Microsoft Teams :一度削除したチャネルだとしても、そのチャネル名で再度作成できない” の続きを読む

Microsoft Teams :翻訳機能が急に使えなくなったぞ!&その原因と対応

Microsoft Teams のチャットで翻訳できる機能が7月あたりに実装されました。

Microsoft Teams :翻訳機能が実装された!(無償版は現時点でまだ)
Microsoft Teams :翻訳機能について調べ忘れてた事

僕個人的には利用する機会は今のところないのですが、多言語かつ自分では読み書きもできない他言語でコミュニケーションをとるチームの場合は(そんなシーンあるのかな?)、翻訳サイトをわざわざ起動させずに Microsoft Teams 内である程度のクオリティで翻訳できるので、良い機能なのかなと思います。

で、僕は利用する機会はないのですが、セミナーやお客様先でのデモでちょくちょく紹介はしているんです。それが…明日セミナーがあるのに急にメニューから「翻訳」が消えていてビックリ!(当日じゃなくて良かったけど…)

▼翻訳機能が実装された頃のスクショから

“Microsoft Teams :翻訳機能が急に使えなくなったぞ!&その原因と対応” の続きを読む

Microsoft Teams :モバイルアプリで画像のトリミングや上から絵が描けるようになりました

今週は忙しくて全然記事を書くことができませんでした。こんなに間を開けてしまったのは久しぶり…。ネタはたくさんあるんです。今回もスクショだけは撮っていたんです。

ってことで、 Microsoft Teams のモバイルアプリ(僕の場合は iOS)のアップデートですが、このバージョン1.0.53は色々機能が追加されている中で気になったのがこの一番最初のヤツ

▼バージョン内容

「送信する前の画像をトリミングして注釈を付けます」
さて、「注釈」とはなんぞや?
実際に試してみます。

“Microsoft Teams :モバイルアプリで画像のトリミングや上から絵が描けるようになりました” の続きを読む

Microsoft Teams : Immersive Reader って???

Microsoft Teams を使っていたら会話の右の…メニュー内に見慣れないリンクがありました。それが「 Immersive Reader 」です。(無償版にもメニュー内にありました。)

▼「 Immersive Reader 」

英語が苦手なのでとりあえずGoogle翻訳先生に聞いてみると「没入型リーダー」なる更によくわからない回答が。なのでとりあえずクリックしてみます。

“Microsoft Teams : Immersive Reader って???” の続きを読む

Microsoft Teams : Adobe XD との統合?

数日前にSNSで見かけたのですが、 Microsoft Teams と Adobe XD の統合だとか。

Microsoft Teams adds integration with Adobe XD
https://techcommunity.microsoft.com/t5/Microsoft-Teams-Blog/Microsoft-Teams-adds-integration-with-Adobe-XD/ba-p/226003

Adobe XD Adds Integration with Microsoft Teams
https://theblog.adobe.com/adobe-xd-adds-integration-with-microsoft-teams/

Microsoft 側のブログと Adobe 側のブログですが、内容はどちらも同じです。

そもそも Adobe XD って何?ってところですが、Webサイトやモバイルアプリなどのデザインやプロトタイプが作れるUI/UXデザイナー向けの製品です。今までは PhotoShop が使われていたけど、XD の方が素早く作成できます。僕自身はあまり使った事はないけど、過去にUXデザイナーと一緒に仕事をした際に、ワイヤーフレームやデザインカンプの打ち合わせでは、XDでその場で出た案をすぐ反映させられるので、すごく便利でした。

つまりデザイン向けのツールなわけですが、どう統合されたんでしょうか?それでは実際に試してみます。

“Microsoft Teams : Adobe XD との統合?” の続きを読む

Microsoft Teams :チームを作成すると裏で作られる Office 365 グループが Outlook に表示されなくなっていた

ふと気が付いたので例によっていつ変わったかはわかりませんが…(そして諸事情により気が付いた時から記事にするまでに更に1週間…)

Microsoft Teams でチームを作成すると、その裏では Office 365 グループが作成されるわけですが、Microsoft Teams を利用したい人はメールを使いたいわけじゃないので、正直 Office 365 グループのメールアドレスって必要ないですよね。また、場合によっては Microsoft Teams とは関係なく Office 365 グループもバリバリ利用している事もあり、そういう時に Outlook のグループに Microsoft Teams でチーム作成した際にできる Office 365 グループが表示されるのは邪魔でした。また、 Outlook 内から開くアドレス帳にも表示されて邪魔なんですよね。

それが、いつの間にか Microsoft Teams にチームを作成しても、 Outlook のグループにもアドレス帳にも表示されなくなったようです。(たしか過去に Microsoft 365 管理センターのメッセージに流れていましたっけ。)

ただし、仕様変更される以前に作成したチームのグループは継続して表示されています。

では、実際に試してみましょう。

“Microsoft Teams :チームを作成すると裏で作られる Office 365 グループが Outlook に表示されなくなっていた” の続きを読む

Microsoft Teams :無償版のファイルの格納先もやはり SharePoint Online だった

Microsoft Teams の無償版がリリースされて以下の記事を書きました。

Microsoft Teams : 無料で利用できるようになったのでサクっと試してみた!

この中で少し触れましたが、Office 365 の Microsoft Teams (つまり有償版)では、チームを作成すると裏で Office 365 グループが作成され、それと紐づいた SharePoint Online のチームサイトが作成され、Microsoft Teams のチーム内の会話でファイルを添付したり、ファイルタブ内にファイルをアップロードしたデータは、このチームサイト内のドキュメント ライブラリ内に保存されます。(チームではなくチャットなら OneDrive に保存)
一方、無償版はというと、ファイル添付やファイルアップロードの挙動は同じものの、チームのファイルタブのUIに若干相違があり、上述の記事内でも記載していますが、「SharePoint で開く」というメニューが無償版には表示されません。

▼有償版のチームのファイルタブのメニューには「SharePoint で開く」がある

▼無償版にはない

以上の事から、無償版の方は SharePoint のライブラリではない場所にファイルが保存されているのかな?とか軽く考えていました。しかし、 Slack に対抗?して無償版を急遽リリースされたという事はそんなに手間をかけてはいないのでは?となると全体の構造は有償版と大きく変わらないのでは?なんて邪推をして再び色々見てると気が付いた点が出てきました。

“Microsoft Teams :無償版のファイルの格納先もやはり SharePoint Online だった” の続きを読む

Microsoft Teams :翻訳機能について調べ忘れてた事

先日の記事で Microsoft Teams の翻訳機能について試してみました。

Microsoft Teams :翻訳機能が実装された!(無償版は現時点でまだ)

その時に、一つ試し忘れていたことがありました。

日本語を他言語に翻訳できるのか?

“Microsoft Teams :翻訳機能について調べ忘れてた事” の続きを読む