Microsoft Teams :無償版を利用するまでの手順 2020/03版

2018年7月に Microsoft Teams の無償版の提供が開始されました。そのタイミングで以下の記事を書きました。

Microsoft Teams : 無料で利用できるようになったのでサクっと試してみた!

冒頭で登録を試しているのを紹介しているんですが、最近同じ Microsoft MVP の Takae Sakushima さんのブログで「無償版の Teams を使いたい」という記事が投稿され、その中のスクショを見ると、登録方法が当時とだいぶ違う事がわかりました。最近上述の記事のアクセス数が上がってきたという事で、読んだ人が困らないように改めて、現時点の登録を試してみたいと思います。

“Microsoft Teams :無償版を利用するまでの手順 2020/03版” の続きを読む

Microsoft Teams :モバイルアプリのアカウント切り替えのUIが変わった!これはちょっと…

Microsoft Teams のアカウントを複数持っている人っていると思うんです。ただ、僕の界隈ではそういう人は多数派なんですが、全体で見ると少数派だと思うんですよね。それは置いといて…

で、Twitter で過去の僕のツイートを遡ると…

▼定期的にアカウント切り替えが簡単にできないのかな?とツイートしていました

PCはまだいいんです。デスクトップアプリの他にブラウザ数個とシークレットウィンドウ(InPrivate)を駆使すれば複数アカウントを同時で利用できるんで。ただ、モバイルアプリの場合はそうもいかないので困っていたんですよね。

しかし!去年、2019年の9月あたりのモバイルアプリのアップデートで、複数アカウントを追加してアカウント切り替えができるようになったんですよね!

ただ…なぜか僕の環境ではアカウント追加しようとするとエラーが出てしまい…

▼当時こんなツイートをしていました…

何日か後に試してもダメで…いつしか成功したんだけど…そんな事情もあって個人的に大ニュースだったのにブログの記事にしていなかったっぽいんです!そしてその後、アカウント切り替えのUIのスクショも撮っていなかったっぽいんです…。

あぁ、前置きが非常に長くなってしまいました(いつものこと)!つまり、アカウント切り替えのUIのスクショがなかったんです!そんな矢先に…つい最近のモバイルアプリのアップデートで、そのUIが変更されたんですよね。比較できないじゃん!!という事で、変更前のUIのスクショを目代さんのブログから本人の許可をいただいて拝借しました。

▼変更前(目代さん、ありがとう!)

このように、アカウントがあって、インデントされてテナント名が表示されます。2階層の見た目です。ゲスト招待されて複数テナントを利用している場合は、このように表示されるんですよね。

それが、変更後は…

▼変更後(今の僕のスクショ)

インデントというか階層がなくなり、平たくテナント名が表示されました。いやぁ、正直言います。元に戻して~~~!!!!こりゃ見づらいですよ。某所で海外の方々も前の方がよかったって書いてあるのを見ました。是非、フィードバックを受けて、再考してほしいUIです。

とはいえ…冒頭でも書いたけど、複数アカウントで利用しているユーザーなんて、全体で考えると少数派なんでしょうね。だから、1つのアカウントでゲスト招待されているユーザーにとっては別に見づらいとは思わないんじゃないかと思ったり。


そうそう、それと…PCのデスクトップアプリもそうだけど、テナント切り替えのところに表示される通知のバッジ、あの数字の精度もなかなか酷いですよね。別テナントに通知があるから切り替えたら、切り替えると通知が一切なかったりすることが非常に多いです。嘘の数字なんです。テナント切り替えるのも結構面倒なので、そのうちオオカミ少年っぽくなってきて、「どうせまたウソだろう」と思って通知を放置していたら…実は本当にメンションされていて放置していたり…という事もあります。機能追加も大事だけど、まずは基本的な機能をしっかりしてもらいたいものです!


普段はあまり製品やサービスについてネガティブな事を書きませんが、 Microsoft Teams なくして業務がまわらないくらいガッツリ愛用しているサービスだからこそ、良いサービスだからみんな使ってみてね!と愛を持っておススメしているからこそ、あえて苦言でした。

Microsoft Teams :組織ビューを有効にするには?

Microsoft Teams の個人チャットをしていて、上部のタブに「組織」があるけど、クリックしても何も表示されない場合があります。弊家族テナントでも設定をしていなかったので…

▼「このユーザーの組織ビューは存在しません」

こうなります。あまり興味がなかったのでやっていなかったけど、ふとしたキッカケで設定しようと思い立ったので、備忘録として残します。

“Microsoft Teams :組織ビューを有効にするには?” の続きを読む

Microsoft Teams & OneNote :一時的な機能調整により OneNote タブが読み取り専用になっています!

今朝、 Microsoft Teams のタブに追加した OneNote が編集できなくなっていました。

“Microsoft Teams & OneNote :一時的な機能調整により OneNote タブが読み取り専用になっています!” の続きを読む

Microsoft Teams :今更だけど画面左下の「ヘルプ」って結構使えるよね!

この存在を教えると「え?こんなのあるの?結構使えるじゃん!これで十分じゃん!」って反応が多いので、あらためて紹介します。

「どんな機能があるのかわからない」とか「マニュアルないから使い方わからない」とか「新機能の情報を探すのが大変」とか、そういう話が従業員から問い合わせがたくさん来て困る…って話も良く聞いて、しかもIT部門がマニュアルを用意してるなんて話もあったりしますが、お金や工数かけなくても用意されているんですよね。

“Microsoft Teams :今更だけど画面左下の「ヘルプ」って結構使えるよね!” の続きを読む

Microsoft Teams :翻訳機能はゲストは利用できない… & でも翻訳したい時!

去年参加して非常に楽しかった Microsoft MVP の年に1度のお祭り、MVP Global Summit が今年はバーチャルイベントになってしまいました。悲しいです…。ただ、今回の記事ネタはバーチャルイベントになった事がキッカケで得た知見です。海外の Microsoft MVP の人に教えてもらいました!感謝!

“Microsoft Teams :翻訳機能はゲストは利用できない… & でも翻訳したい時!” の続きを読む

Microsoft Teams :予定表の「新しい会議」のUIが変わった!

すでに数日前から変わったところもあるようですが、弊家族テナントはようやく今朝変わっていました。

Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターには1月に「新機能: チームでのスケジューリングエクスペリエンスの向上」というタイトルで2月中旬に展開するとアナウンスが出ていました。

では早速、以前のUIと比較しながら触ってみます。

“Microsoft Teams :予定表の「新しい会議」のUIが変わった!” の続きを読む

Microsoft Teams :グループチャットに名前を付ける

1つ前の記事で検索バーからショートメッセージをチャットに送信できる技を紹介したのですが、その際にユーザーだけではなくて、グループ名も編集したらそのグループ名も候補に表示できると書きました。投稿した後に、そういえばグループチャットのグループ名を編集できる事が意外と知られていなかった事に気が付いたので紹介します。

“Microsoft Teams :グループチャットに名前を付ける” の続きを読む

Microsoft Teams :検索バーからチャットのメッセージを送信!

諸事情によりブログネタにするのを控えていたけど、もうイイでしょうという事で。目新しい技ではないのですが、認知度の低い技なので紹介します。

と、その前に… Microsoft Teams の画面のそれぞれのエリアやパーツの正式名称がイマイチわからなくて「検索バー」ってタイトルに書いたけど、とにかく上部真ん中の検索もできるしコマンドも入力できる場所の事です。

チャットでちょっとした短文のメッセージを送りたい時ってありますよね。その時に「チャット」の中から相手を見つけて…ってやるよりも、もっとカンタンに短文メッセージを送る方法があるんです。

“Microsoft Teams :検索バーからチャットのメッセージを送信!” の続きを読む