Microsoft Lists :リスト作成時に特定のテンプレートを選ぶと Power Automate のフローが含まれる

■ Power Platform をユーザーが利用するキッカケになる

数日前に Power Apps で Microsoft Lists のリストの画像列をアプリで追加・変更ができるようになった記事を公開しました。そこで紹介しましたが、リスト側からボタン数クリックと1分程度待つだけで Power Apps のスキルが全くなくても自動でそれなりのアプリが作成されます。

Power Apps : Microsoft Lists / SharePoint のリストの画像列の画像をアプリ上で追加・更新・削除できるようになった

また、例えば Microsoft Teams の承認アプリは Power Automate のスキルがなくても自動でフローが作成されてユーザーは意識せずとも実は裏側で Power Automate を利用しているという感じです。

Microsoft Teams :承認アプリが一般展開されたようです

また、例えば Power BI もダッシュボードやレポートを作成できるスキルがなくても、ちょっとクリックするだけでレポートが自動作成されるような仕組みもあります。

Microsoft Lists / SharePoint :ボタン一つで Power BI のレポートが作成されるようになった

このように個人的に感じる傾向として、 Microsoft 365 ユーザーが Power Platform のスキルがなくてもある程度自動作成してくれる機能が増えてきていて、裏で実は Power Platform を使っています!みたいになってきています。もちろんこのように既存サービスや既存機能を組み合わせて機能アップデートさせる事で Microsoft 内も効率的に製品開発ができるとは思いますが、ユーザーとしても Power Platform はいくら「カンタン」とか「非エンジニアでも作れる!」という甘い言葉で誘惑されたところで、実際はそりゃ多少なりとも勉強しないと使えないわけで、そこに抵抗感をおぼえて作成の一歩を踏み出せないユーザーも多いかと思います。「まずは便利さを体感してください!」と思ってもその前に多少なりとも作成しなければいけないという壁がある以上は、小さな成功体験も得られません。しかし自動作成してくれるこれらの機能が増える事でユーザーに「まずは便利さを体感してください!」が実現できます。小さな成功体験が得られます。そして自動作成されたアプリやフローやレポートはそれなりに使えたとしても「もっとここをこうしたら便利かも」とユーザーに思ってもらえる事で、ユーザーは「じゃ、もっと便利になりたいからちょっと勉強してみるか」と前向きな一歩を踏み出せるキッカケになるんじゃないかと思います。

という僕の備忘録を兼ねて前置きを書いたところで今日の本題も自動的に Power Automate のフローが作られる話です。2022/06/24 付けで Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターに以下のメッセージが公開されました。

“Microsoft Lists :リスト作成時に特定のテンプレートを選ぶと Power Automate のフローが含まれる” の続きを読む

Power Apps : Microsoft Lists / SharePoint のリストの画像列の画像をアプリ上で追加・更新・削除できるようになった

待ちに待ったアップデートがついに僕の環境に展開されました! 特に Power Apps 市民開発者の方々には朗報かと思います。

Power Apps でアプリを作成する際のデータソースに Microsoft Lists / SharePoint のリストを利用する人は多いと思います。僕もその一人です。そして、アプリ作成の要件として画像をアップロードして閲覧したいという要件もあると思います。特にモバイルデバイス利用を想定する場合はモバイルデバイスでいつでもどこでも写真が撮れて、それを Power Apps で作ったアプリからアップロードし閲覧するという事ができると、アプリの幅が広がりますね。この2点を考慮した時に、これまでそれを実現させる方法としては、僕の場合はリストの添付ファイルを利用する方法で使っていました。以下、2018年って4年前と古いですが実装させていた方法です。

PowerApps : SharePoint のリストに添付した画像を表示させる方法

Power Apps のアプリでリストの添付ファイルに画像をアップロードさせる事は可能だったけど、そのアップロードされた画像をアプリ上で表示させるのは一筋縄ではいかなく、僕は Power Automate を使っていました。もしかしたらもっとスマートな方法があるかもしれないけど、例えば Base64 で…みたいな事を言われても、非エンジニアの初心者市民開発者の人にとっては難易度上がって挫折ポイントになりかねませんからね。

あれから4年…今年2022年3月にはついにリストの画像列の画像を Power Apps のアプリで表示させられるアップデートが来ました。

Power Apps : Microsoft Lists / SharePoint のリストの画像列の画像を表示させられるようになった

でも実はこのアップデートはガッカリだったんですよね。画像列の画像を表示することができるだけだったんです。いやいや、大事なのは Power Apps のアプリから写真をアップロードできる事ですよ。それがこの時はできなかったんです。

そしてようやく今、ついにリストの画像列に Power Apps のアプリから画像をアップロードでき、更新・削除もできるようになりました。2022/09/02 付けで Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターに以下のメッセージが公開されました。

▼(更新)Power Apps 経由で Microsoft リスト内の画像を追加、更新、または削除する

僕の環境にアップデートが展開されたので早速触ってみたいと思います。今回は Microsoft Lists や SharePoint のリストが不慣れな方にも向けて、必要最低限だけどリストの作成からスクショで説明してみます。

“Power Apps : Microsoft Lists / SharePoint のリストの画像列の画像をアプリ上で追加・更新・削除できるようになった” の続きを読む

Power Apps :アプリ再生時に上部のバー(ヘッダー)を非表示にしたい

僕は基本的に Power Apps は、楽器アプリや家庭内で利用するアプリくらいしか作らないです。楽器アプリはレスポンスや操作を考慮してPCのストアアプリで演奏します。また家庭内で利用するアプリは家族がPC利用しないので iPhone での利用のみです。つまり、僕の用途ではブラウザーでアプリを利用する事はほぼありませんでした。

そんな時、たまたま業務で Power Apps でアプリを作ったのですが、一点気になる点が出てきました。以下、スクショを貼りますが、もちろん業務用で作ったアプリは晒せないので、息子と遊ぶように作った「かさねておえかき」アプリを例にします。

▼ブラウザーから Power Apps のアプリを再生したところ

このように上部にバーというかヘッダーというかが表示されるんですよね。冒頭で紹介したように今までほぼブラウザーからの利用想定でアプリを作った事がないので、全然気になりませんでした。しかし今回作った業務のアプリができるだけ邪魔な部分は見せたくない利用用途なんです。このままだとブラウザーの枠やタブも表示されるのでF11キーで全画面表示にするじゃないですか。

“Power Apps :アプリ再生時に上部のバー(ヘッダー)を非表示にしたい” の続きを読む

Power Automate : Microsoft Teams のチャネルの特定スレッドに返信(罠とアドバイス)

※本記事は Power Automate の特定のアクションにフォーカスをしていますが、罠とアドバイスはある程度汎用的かと思います。

Power Automate は非常に便利で僕も色々なところで愛用しています。自分や自分の周囲をちょっと幸せにしたい場合はイイですね。特に初心者にとってはこの「ちょっと」が大切だと思っています。うまく動かなくても「ま、いっか」程度、動いていたものが急に動かなくなっても「ま、いっか」程度。でも動けばちょっと幸せになれる。それが毎日の作業であれば、1日のうちのちょっとでも、それが積み重なれば大きいわけです。小さく成功すればモチベーションも上がり、少しずつ幸せが増えていきます。僕は色々なところで言ってます。「 Power Platform の中でも Power Automate が、スモールスタートで小さな成功体験を得やすい。」と(自論)。逆に初心者の方がいきなり難易度の高い要件で大人数が利用する仕組みにチャレンジすると挫折したり嫌な想い出になりかねないです。

なんでこういう事を言うのかというと、割と動いていたフローが急に動かなくなる事もあるし、こないだまで使っていたアクションが急になくなったりもよくあるので、高いスキルと知識と最新情報に敏感にアンテナ張っている人であれば即対応できるけど、そうじゃないと修正に手間取ったり時間を取られてしまう事もあるからです。

“Power Automate : Microsoft Teams のチャネルの特定スレッドに返信(罠とアドバイス)” の続きを読む

Power Apps :手描きの絵からアプリが作れる!?「エクスプレス デザイン」とやらを早速試してみた (プレビューですからね)

日本では今日の深夜から開催されている Microsoft Build 2022 。皆さん申込されていますか?

https://mybuild.microsoft.com/ja-JP/home

ワールドワイドなオンラインイベントですが、今年からは日本語オンリーな人にも優しい感じになっているので、是非参加してみましょう。実は僕も以下の2セッションでテーブルトークで参戦します。

Microsoft 365 x Power Platform 座談会(←ゴメンナサイ、こっちは今終わりました。オンデマンド視聴ができるようになるそうです。)
https://mybuild.microsoft.com/ja-JP/sessions/2cc03492-8e52-476b-ae74-61065e057cf4?source=sessions

私たちはこうして Microsoft Teams でプレゼンやってます
https://mybuild.microsoft.com/ja-JP/sessions/a5499f60-80e8-4ba9-8d31-2ba84fd07406?source=sessions

どちらも30分とコンパクトなセッションなので、ランチやちょっと長い休憩程度に参加してみてください。

さて、 Microsoft はこの手の大型イベントに合わせて色々な情報を公開したり、新機能を展開、プレビュー公開したりします。その中でも現時点で気になったのは Power Platform のアップデートですね。今まで Power Apps ポータル という Power Apps の機能だったのが単体として独立し、 Power BI / Power Apps / Power Automate / Power Virtual Agents に続いて5人目となる「 Power Pages 」として登場し、すでにプレビューが公開されています。

Microsoft Power Pages
https://powerpages.microsoft.com/ja-jp/

また、吉田 大貴 くんがわかりやすく日本語で記事にしているので合わせて参照してみてください。

Webサイト作成サービス Microsoft Power Pages が公開プレビュー
https://memo.tyoshida.me/power-platform/power-pages/microsoft-power-pages-public-preview/

更に僕が気になったのが本記事のタイトルの通り、 Power Apps の「エクスプレス デザイン」という機能です。これは簡単に説明すれば「手描きの絵の画像などデザインファイルからアプリが作れる」という魔法の国のような機能です。これまでも SharePoint のリスト( Microsoft Lists )から数クリック&数分でアプリが作れたり、凝った事をしない限りはガチの「ノーコード」でアプリが作成できたけど、ここへ来て更にインパクトが大きい情報公開でした。そして、すでにエクスプレスデザインはプレビューで利用できるので、これはもうムズムズしてきたので試しちゃいます。色々な方法があるようですが、一番インパクトのある手描きの絵の画像で!

“Power Apps :手描きの絵からアプリが作れる!?「エクスプレス デザイン」とやらを早速試してみた (プレビューですからね)” の続きを読む

2022年も Power Apps と Guitar のコラボ!

MVP Global Summit 2022 Un-official Supporters’ Music ( Guitar / Power Apps )

日本時間で昨晩の11:30から Microsoft MVP の完全NDAなお祭り「 MVP Global Summit 」が開催されています。なので今朝もAM5:00まで起きていたのですが、もう数日続くのでキツいです。これは Microsoft MVP 受賞者の大きな特典の一つで、例年はアメリカの Microsoft 本社で開催されて僕も受賞した翌年に1回だけ参加したんだけどメチャクチャ楽しかったんです。英語サッパリわからないので得られるものは少ないのに。そして翌年も継続受賞されてまた参加したいと誓ったものの、継続受賞はされたけどコロナ禍でオンライン開催…という悲しい事態に。そこから「翌年こそはアメリカに!」と祈りも虚しくコロナ禍が長引いて今年3回目のオンライン開催でした。1回だけ開催されたレポートは記事にしています。

MVP Global Summit に初参加!

で、オンライン開催になって、やはりお祭りとしては虚しいんですよね。そこで勝手ながら盛り上がりに少しでも貢献できれば!と思って、オンライン開催になった2020年からこのように非公式応援曲を作曲して、 Power Apps の楽器アプリとギターで演奏して公開しています。

こう見ると、やはり2020年から2021年にかけて、後ろの机の機材がだいぶ変わりました(ソコ見るところ違う…)。コロナ禍で音響・映像の機器を充実させましたからね。2021年からは落ち着いています。話を戻して…

祭り自体は Microsoft MVP のための祭りですが、こちらの曲に関しては関係ないので是非ごらんください。

去年は無理矢理 Power Automate for desktop を使いましたが、僕個人的には未だに Power Automate for desktop には興味が沸かない( Power Automate 自体は大好き)ので、今回はまた Microsoft の技術は Power Apps のみです。

来年こそはアメリカに行きたいですが、その前に Microsoft MVP の継続受賞の審査があるので、話はパスしてからですね。

ここ最近、仕事もプライベートも忙しくて記事が少な目ですが、緩く見守っていただければと思います。また、本ブログが重い(表示が遅い)という話もあり、自分でも実感しています。おそらくおかげさまでアクセス数が増えてレンタルサーバーのスペックが追い付かないのかなと思うのですが、引っ越しとなると労力を使うだろうし失敗するのも怖いのでちょっとじっくり考えたいと思います(過去に2回ほど大きな失敗をしているので…)。引っ越しを代行してくれるプロなんているのかなぁ。高いんだろうなぁ。

Power Apps :アプリを iPhone のホーム画面にアイコン化(2022年3月版)

※ 例によって Android デバイス持っていないからわからないけど、 Android でも可能らしいです。
※ iPad でも試したらできました。ほぼ同じUIでアイコン化できます。

話に入る前に、Power Apps でモバイル利用の説明をする時に非常にややこしいのが「アプリ」という言葉。必ず最低2種類の意味の「アプリ」という言葉を使わなければいけなくて、説明が大変な事があります。

Microsoft 365 & Power Platform :「アプリ」という言葉の定義がフワッとしている…(2020年7月版)

この記事内の「例3」あたりを読むとわかります。たぶんここに記事のリンクを置いても読まない人も多いので(笑)、以下に自分の記事だけど引用スクショ貼ります。

“Power Apps :アプリを iPhone のホーム画面にアイコン化(2022年3月版)” の続きを読む

Power Apps : Microsoft Lists / SharePoint のリストの画像列の画像を表示させられるようになった

※先に書きますが、おそらく多くの人が最後まで読むとガッカリする事でしょう。

■前置き(興味ない人は、この章は読み飛ばしてください)

Power Apps 使っていますか? SIer に外注したり社内エンジニアに作ってもらったアプリを利用するも十分「使う」のうちに入りますが、やはりそこはノーコード・ローコードソリューションの醍醐味である「誰もが主役になれる世界」なので、非エンジニアの人でも Power Apps でアプリを自作してこそ、ようやく真の「使う」と言えるのでは?と、僕は思っています。

さて、とはいえ Power Apps は簡単とは言い切れません。初めて Excel や PowerPoint を使った時だってすぐに使えたわけじゃないと思います。コードを書いてアプリを作るよりは敷居は低いとはいえ、それでもすぐには簡単にアプリを作成はできません。とはいえ、ゼロから作成すると敷居は高くなるけど、ある方法を使えば、贅沢を言わなければグッと敷居は低くなります。それがコレ。

“Power Apps : Microsoft Lists / SharePoint のリストの画像列の画像を表示させられるようになった” の続きを読む

Power Automate :「手動でフローをトリガーします」で住所がしっかり取得できるようになっていた

僕は自分のテナントで Microsoft 365 + Power Platform を利用して実装した外食記録システムで外食を記録しています。いつ、どこで、どんなものを外食したのかがわかるので便利です。以前記事にしていました。

Office 365 : Microsoft Flow + SharePoint + Power BI で作る「外食記録」システム Ver.1.0

なんだかんだで3年間も記録しています。この頃はまだ Microsoft 365 が Office 365 と呼ばれていた時代。そして Power Automate が Microsoft Flow と呼ばれていた時代でしたね。懐かしい。

で、この外食記録システムの根幹となるのが Power Automate なんだけど、どのようにして記録するのかというと、

▼「手動でフローをトリガーします」トリガー

これはモバイルアプリにボタンが作成されてそれをタップしたりちょっとした情報を入力すると発火されるトリガーです(コネクタ名が「モバイルの Flow ボタン」って未だに Flow って…)。外食を記録したい時にボタンをタップして、お店の名前を入力して料理の写真を添付するだけでトリガーされるわけです。気軽にモバイルからデータ入力する時には非常に便利です。

“Power Automate :「手動でフローをトリガーします」で住所がしっかり取得できるようになっていた” の続きを読む

Power Automate :Office 365 Outlook 「イベントが追加、更新、削除されたとき」トリガーの「開始時刻」「終了時刻」が後続のアクションで選択できない

記事タイトル長いっすね…。ここ最近 Power Platform 系の記事を全然書いていなかった事に気が付き、っていうか色々多忙でそもそも触る事すら優先順位が後ろの方だったので、こりゃ忘れてしまう!と思い、最近合間をみて少しずつ触っています。初心に返って行き詰ったところを記事にしていこうと思います。

今回は…実は過去に同じところで行き詰った事でした。スッカリ忘れちゃいますね。

“Power Automate :Office 365 Outlook 「イベントが追加、更新、削除されたとき」トリガーの「開始時刻」「終了時刻」が後続のアクションで選択できない” の続きを読む