Power Virtual Agents :ノーコードでBotを作って SharePoint に埋め込んでみた(動画)

先日の記事でも紹介しましたが、 Microsoft Ignite 2019 で Power Platform が大きく変化しました。

Power Platform :大きな変化 そして Microsoft Ignite 2019 Vision Keynote にて…

さて、噂によると「 Power Platform 」が「 Microsoft Power Platform 」になったようです。 Microsoft を冠する事になったんですね。つまり Dynamics 365 の一部でも Office 365 の一部でもなくなり(元々 Office 365 の一部ではないけど)、ハッキリと独立宣言という事ですかね。

その中で大きな変化の一つに4人目が追加されたことです。それが「 Power Virtual Agents 」ですね。名前が長い…。そして「 Virtual 」という単語は英語ニガテマンの僕にはいつもタイピングした時に綴りが間違えていないか不安な単語。そして「 Agents 」は最後の s をつけ忘れないように…。

“Power Virtual Agents :ノーコードでBotを作って SharePoint に埋め込んでみた(動画)” の続きを読む

Power Platform :大きな変化 そして Microsoft Ignite 2019 Vision Keynote にて…

昨日からアメリカはオーランドで始まった Microsoft の大きなイベント「 Microsoft Ignite 2019 」。 今僕が所属している会社はスポンサーなので、凄く行きたいと懇願したけど残念ながら行けず、行きたかった人生でした。
指を咥えながらキーノートを見ていたんですけど、今回は Power Platform に大きな変化がありましたね。

“Power Platform :大きな変化 そして Microsoft Ignite 2019 Vision Keynote にて…” の続きを読む

PowerApps :OneDrive 内の Excel ファイルをデータソースとして利用したい場合に陥りやすい罠

PowerApps でアプリを作る時に、業務アプリであるなら何かしらのデータを利用したアプリまたは何かしらにデータを保存するアプリを作る事が多いと思います。その一つの解が Common Data Service (以下「CDS」)ではあるのですが、プランの関係で利用できない事が多いと思います。次に SharePoint な人たちならカスタムリストを利用する事も考えられます。しかし、 SharePoint も誰でも触れるわけでもなく気軽にサイトやリストを作成できない環境である場合もあります。そう考えると、やはり手っ取り早く Excel ファイルのデータを利用するという方法も当然考えられます。例えばカタログアプリなど滅多に中のデータを変更しないような場合は、 Excel ファイルを利用しても良いと思います。

さて、 Excel ファイルを利用すると言っても大きく2通りの方法があります。 Excel ファイルのデータをアプリのデータソースに流し込んでしまうパターンと、 OneDrive などに保存している Excel ファイルのデータを読み込むパターン。
前者の場合はデータを変更したくなったら、そのたびに PowerApps 上から Excel ファイルをインポートし直さなければいけませんが、後者の場合は PowerApps のアプリを編集しなくても OneDrive 上の Excel ファイルのデータを更新すれば良いのでメンテナンス性は後者の方が良いと思います。

では、 OneDrive 内の Excel ファイルをデータソースとして利用してみます。まずは、Excelファイルを用意して OneDrive にアップロードします。

▼この Excel ファイルをデータソースにしたいと思います。

では、 PowerApps でデータソースを追加します!

“PowerApps :OneDrive 内の Excel ファイルをデータソースとして利用したい場合に陥りやすい罠” の続きを読む

Microsoft Flow :左のナビゲーションに「作成」が追加された

最近毎日 Microsoft Flow を触っているので、ここ数日に追加されたと感じたのですが、左のメニューに「+作成」が追加されました。

▼「作成」が追加されました。クリックすると…

▼こんなページに飛びます

注目すべきはこの赤矢印の先の大きなタイルメニュー。先日、フローを作る時にどれを選んで良いかわからないよねって内容の記事を投稿しました。

Microsoft Flow :新規フロー作成時にどれを選べばよいかわからなくなる(あるある?)

だけど、この「+新規」から飛んだページには説明文もあって一目で理解できるアイコンもあるので迷わなくなりますね。

▼これはわかりやすい

という事で慣れないうちはこちらからフローの作成を開始した方が良いかもしれない!

Microsoft Flow :新規フロー作成時にどれを選べばよいかわからなくなる(あるある?)

Microsoft Flow のフロー作成に慣れている人は置いといて、まだ始めたての人にとって最初に悩むところ。もしかしたら日本語訳が変なのかもしれないので、悩むのは英語圏じゃない人達だけかも?

“Microsoft Flow :新規フロー作成時にどれを選べばよいかわからなくなる(あるある?)” の続きを読む

Microsoft Flow : SharePoint にフォルダー作成するアクションが追加された!

なんか前からあったアクションな気がしたけど気のせいだったのですが、 SharePoint にフォルダーを作成できるアクションが追加されました。

早速試してみたいと思います!

“Microsoft Flow : SharePoint にフォルダー作成するアクションが追加された!” の続きを読む

PowerApps : SharePoint のフォームカスタマイズの落とし穴

PowerApps は「アプリ作成の民主化」などと呼ばれ、非エンジニアでもアプリをローコードで作成できるのがウリの一つですが、基本的には関数を使うのでそこが一つハードルとなってしまいます。ただ、関数は調べればなんとなくわかるし、ネット上に教材もあるし、徐々にブログなどで情報発信してくれる人がいるので、ヤル気があればなんとかなると思います。もう一つのハードルとして色々とお作法がある点です。なかなかクセのある事も多いです。以下、今までの該当する記事です。

PowerApps :登録画面から登録完了したらサンクス画面を挟みたい!

PowerApps :フォーム内の日付の選択コントロールで既定値を指定する場合の落とし穴

このようなクセを把握していないと思う通りの挙動になってくれなくて挫折しがちです(僕も何度か挫折しています)。僕自身もまだまだ PowerApps には慣れていないので、このような挫折ポイントを少しずつ記事にしていこうと思っています。

さて、相変わらず前置きが長いのが僕のブログですが、本題。 SharePoint のフォームカスタマイズが PowerApps で可能です。個人的にはフォームカスタマイズじゃなくてアプリ化した方がメリットが多い気がしますが、場合によってはフォームカスタマイズしか選択肢がない事もあり、僕もちょくちょく触っています。その時に挫折しそうなポイントがありました。

“PowerApps : SharePoint のフォームカスタマイズの落とし穴” の続きを読む

Microsoft Flow :アクションをクリップボードにコピーできるようになった!(プレビュー)

これは待望の機能ですね。フローの中でアクションをコピペしたいって思った事は多々あります。今まではコピペできなかったので一つ一つ同じアクションを作っていました。それがプレビューではありますがコピペできるようになりました。

では試してみます。

“Microsoft Flow :アクションをクリップボードにコピーできるようになった!(プレビュー)” の続きを読む

Microsoft Flow : SharePoint のアクセス権限を操作するアクションが追加された( 権限追加 編 )

前回の記事では権限削除をするアクションについて触れてみました。

Microsoft Flow : SharePoint のアクセス権限を操作するアクションが追加された!( 権限削除 編 )

今回は一度アクセス権限が削除されたアイテムに続いて権限追加をするアクションを試したいと思います。

“Microsoft Flow : SharePoint のアクセス権限を操作するアクションが追加された( 権限追加 編 )” の続きを読む

Microsoft Flow : SharePoint のアクセス権限を操作するアクションが追加された!( 権限削除 編 )

▼ついに来たこのアクション!「 Stop sharing an item or a folder 」

▼さらに!「 Grant access to an item or a folder 」

まだ日本語訳されていないところが初々しいですね。そのうち翻訳されて「あれ?あのアクション消えたぞ」ってなると思いますが、そういう時は冷静に全アクションを見渡しましょう。日本語になっているハズです。

「 Stop sharing an item or a folder 」は自動翻訳では「アイテムまたはフォルダの共有を停止する」となります。

「 Grant access to an item or a folder 」は自動翻訳では「アイテムまたはフォルダへのアクセス権を付与する」となります。

つまり、1つ目はアクセス権の削除で、2つ目はアクセス権の付与となります。今までこれを実現させるには「SharePoint に HTTP 要求を送信します」アクションを使って難しい事をしないと実現できませんでした。少なくとも非エンジニアにとっては敷居の高い方法です。それが今回のアクションの追加で気軽にアクセス権限が操作できるようになりました。今回はまず1つ目の「 Stop sharing an item or a folder 」を試してみます。

“Microsoft Flow : SharePoint のアクセス権限を操作するアクションが追加された!( 権限削除 編 )” の続きを読む