Microsoft Copilot :あれもこれも「 Copilot 」なので注意が必要

色々と注目されている Microsoft の Copilot 。だけど一言「 Copilot 」と言ってもすでに Microsoft 内の色々な製品、サービス、レイヤーに Copilot が入っているので、複数人で話をする時や誰かの前で話しをする時は「何の Copilot なのか」を明示しないと話が噛み合わなくなりそうです。

そういえば先日以下のように X でポストしたら、たいしてインプレッションもないポストなのに Microsoft 365 本家のアカウントから返信がありました。

▼僕の Copilot 関するポスト

で、僕のポストを見てください。 Microsoft 365 の文脈で Copilot の話をするだけでも現状は要注意なんですよね。[ It’s true. ] と本家が返信してくれたのでポストの内容は正しかったと安心できたけどビックリしました。

その内容は…名称の変遷を書いています。

Bing Chat → Copilot
Bing Chat Enterprise → Copilot
Business Chat → Microsoft 365 Chat → Copilot

個人向けで無料で利用できる 旧 Bing Chat は今は「 Copilot 」です。商用版 Microsoft 365 のアカウントで利用できる商用データ保護されている 旧 Bing Chat Enterprise も今は「 Copilot 」です。そして、それとは別に Copilot for Microsoft 365 で利用できるのは、当時の発表では Business Chat と呼ばれ、その後 Microsoft 365 Chat と呼ばれましたが、今は「 Copilot 」です(こちら僕の観測している限りは名称変更に関して大きくアナウンスされておらず、シレっと変更された認識です。また現在も Microsoft のサイト内でも「 Microsoft 365 Chat 」のままになっているところも残っています)。これら全然違うんですけどね。でも全て「 Copilot 」になったんです。

実は「わかりづらいよね」という意図を含んだポストですが、 Microsoft 365 本家アカウントが返信してくれたので、それはここだけの話(笑)

これら Copilot を見比べてみましょうかね。

“Microsoft Copilot :あれもこれも「 Copilot 」なので注意が必要” の続きを読む

Microsoft 365 :起動ツールの固定(ピン留め)を解除した後に再度固定する方法

Microsoft 365 の大体のアプリのどのページを開いても左上に3×3の9個の点のアイコンがありますよね。

▼左上のコレ

色んな呼び名があるけど僕はワッフルメニューのアイコンって言ってたような。マウスカーソルを当てるとわかるけど「アプリ起動ツール」を開くためのアイコンなんですよね。

▼アプリ起動ツール

これどうですか?皆さん良く使っています?実は僕はそんなに使っていませんが、使っている人もいると思います。アプリ起動ツール内には既定でこのようにアプリが配置されているけど、正直使っていないアプリもありますよね。例えば「 Power Pages 」とか「 Project 」とか別途ライセンスないとほぼ使えないし。そういう場合は、

“Microsoft 365 :起動ツールの固定(ピン留め)を解除した後に再度固定する方法” の続きを読む

Microsoft 365 :タグでコンテンツを整理できるようになった

いやぁ、最近色々と忙しくて更新が滞りがちです。前回の投稿から1週間以上空けてしまいました。投稿ネタはたくさんあるんですけどね。忙しい事は良い事だけど、ブログを書く余裕は常に持っていたいです。

今回は僕の観測した限りだと Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターにもアナウンスがないアップデートです。対象指定リリース環境では1カ月前くらいから実装されていたけど、標準リリース環境でも先週あたりから徐々に展開されてきています。


[ 2023/11/30 追記 ]
記事公開後に読者さんからアンケート経由で Microsoft 365 ロードマップにアナウンスがあったというタレコミをいただきました!ありがとうございます。メッセージセンターには依然見つからなかったけど、以下のURLからロードマップで確認できます。

Microsoft 365 app: Tagging for commercial users in the Microsoft 365 app for web and desktop – Microsoft 365 ロードマップ


さて、 Microsoft 365 ホームって使っていますか?おそらく Microsoft 365 の利用において、 Word / Excel / PowerPoint は必ず使うと思います(あ、日本人の場合は文書作成も Excel でやってしまうから Word 使ってない人は多そうだけど)。次に Outlook でメールやスケジュールですかね。そして Microsoft Teams でオンライン会議やチャットですよね(実際は Microsoft Teams も未だに利活用が伸び悩んでいる企業が多い事を目の当たりに…)。このくらいしか使っていないユーザーが非常に多いのではと思います。するとこれらは全てアプリが存在するのでブラウザーでの利用は滅多にないのかな?とも思います。そういう事を考えると Microsoft 365 全体の玄関口でもある Microsoft 365 ホームを利用している人は少ないのでは?と考えます。なので…この記事も需要は少なそう。

▼ Microsoft 365 ホーム

使っていますか?僕は使っていますよ。ここには「コンテンツ」という意味で自分や自分の周囲の最新を知る事ができます。自分が閲覧・編集したドキュメント、そして自分にアクセス権のある範囲内で他ユーザーが共有・編集したドキュメントを知る事ができます。得てしてドキュメント作成においては連続して作成する事が多いですよね。つまり、あるドキュメントを作成する際にちょっと作業して1カ月放置してまた作業再開…のようなシーンはあまりないかなと思います。集中して作り上げるか、1日の中で合間を見て作業し、翌日また合間を見て作業…みたいに連続性があると思います。その際に毎回保存されているライブラリやフォルダーやチャネルを辿っていくよりも、 Mirosoft 365 ホームを覗けば、クイックアクセス部分に直近自分が作業したドキュメントへのリンクがありますからね。
また、自分の身近なところでどんなドキュメントが共有されて編集されているのか?も自分のアクセス権の範囲内で知る事ができるので、「あ、この人最近こんな施策に取り組んでるんだ?」「あ、この人こういう資料作ってるんだ?」みたいな気付きもあったりします。
そして、ドキュメントだけじゃなく、 Microsoft Lists のリストなどもここに表示されるので、より多様な「コンテンツ」の自分と周囲のトレンドを知る事ができます。

さて、そのクイックアクセスもそうだし、左のアプリバー内の「マイ コンテンツ」(アプリバー内では「マイ コン…」と表示)もそうですが、

“Microsoft 365 :タグでコンテンツを整理できるようになった” の続きを読む

Microsoft 365 :自分のライセンスや使えるアプリを確認する方法

Microsoft 365 の機能・アプリ・サービスなどの追加がある際に、ライセンス次第で使える・使えないが良く出てくるようになったけど、はたして自分は会社から何のライセンスを付与されているのか?がわからない人も多いと思います。IT部門に問い合わせなくても自分で確認できる方法があるので、それを紹介します。

▼ Microsoft 365 にサインインした状態で右上の自分のプロフィール画像をクリックし「アカウントを表示」をクリック

このスクショは Microsoft 365 ホームのスクショだけど、そうじゃなくても大抵の Microsoft 365 の画面には右上に自分のプロフィール画像が表示されてクリックするとこのようなメニューが出てくるので試してみてください。ただ、 Microsoft Teams などは違うメニューになるので、とりあえず間違いないのは Microsoft 365 ホームです。

▼次に表示された「マイ アカウント」の左メニューの「サブスクリプション」をクリック

▼更に「サブスクリプション」をクリック(この画面、場合によっては勝手に飛ばされる事があります)

▼サブスクリプション

ここにどんなライセンスが割り当てられているかがわかります。またそのライセンスで利用できるアプリなどが細かく記載されています。

自分に割り当てられたライセンスを把握しておくことで、 Microsoft 365 のアプリや機能、最新情報を得た時に、対象となるライセンスも記載されている場合も多いので、自分が使える・使えないの判断もできるし、使えるライセンスがあるのに使えないのは管理者が利用NGにしている可能性もあるなども気付けるのではと思います。

Microsoft 365 :アプリバーにピン留めできるようになって便利

そもそも本記事の「アプリバー」って何を指しているか?ですが、 Microsoft 365 にサインインした後に出てくる Microsoft 365 ホームの、

▼ Microsoft 365 ホームの左の縦長のバーです

▼これです

ここの名称が「アプリバー」なのかもよくわからないけど、ホームのHTMLを調べると付近には「 appbar 」という id 名 class 名が多かったので「アプリバー」と呼称します。で、このアプリバー内の Outlook 以下のアプリへのリンクアイコンって今まで差し替えたりできなかったんですよね。

ところが僕の対象指定リリース環境では Microsoft 365 のアプリバーのカスタマイズができるようになりました。ちなみに僕の見落としかもしれないけど、このアップデート情報は Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターにアナウンスされていないと思います。


[ 2023/10/03 追記 ]

その後、 2023/09/28 付けで Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターに以下のアナウンスが公開されました。

▼ Microsoft365.com での左ナビゲーションのカスタマイズの導入


アップデート前後の環境が手元にあるので比較しながら説明します。

“Microsoft 365 :アプリバーにピン留めできるようになって便利” の続きを読む

Microsoft 365 ホームなどに表示されているアプリのアイコンが地味に変わっている

日本時間では昨日2023/07/19に Microsoft Inspire が開催され、 Microsoft 365 Copilot の価格が月30ドルという発表があったり、 Bing Chat Enterprise が発表と同時にプレビュー開始されたり、 他にも色々と盛りだくさんな発表がありましたね。

Furthering our AI ambitions – Announcing Bing Chat Enterprise and Microsoft 365 Copilot pricing
Furthering our AI ambitions – Announcing Bing Chat Enterprise and Microsoft 365 Copilot pricing – The Official Microsoft Blog

でも当ブログはテレビ東京並みにマイペースに記事を書きます。

最近ふと Microsoft 365 ホームを見ていると、アプリのアイコンが地味に少し変わっている事に気が付きました。

もちろん、付与されているライセンスやロールなどで表示されるアプリも人それぞれですが、

“Microsoft 365 ホームなどに表示されているアプリのアイコンが地味に変わっている” の続きを読む

Microsoft 365 や Power Platform の運用課題について思う事

※いつもの事ですが、あくまでも僕個人の考えです。

昨日、思い切り長文を書いたので、今日は…今日のネタも書こうと思えばいくらでも書けそうな話題ですが、今日のところは問題提起くらいにしておきます。

ITツールの導入において、まず出てくる課題は「利活用促進・定着」かと思います。お金をかけて導入しても使われなければ意味がない。そして「運用課題」ですね。使っていく先に必ず待ち構えてくる様々な運用課題。終わりのない永遠のテーマかと思います。僕もこれまで仕事でもプライベートでも様々な運用課題について考えてきたし、実際に業務で運用課題に取り組んできました。そんな中からいつも思う事があるんです。

“Microsoft 365 や Power Platform の運用課題について思う事” の続きを読む

Microsoft 365 :「フィード」が現れた

皆さんは Microsoft 365 ホーム は良く利用しますか?おそらく当ブログに足を運んでいただける方々は利用している人が多いんじゃないかと思っています。定期購読してくれたり、わからない事があって検索してくるくらい関心があるという事で。でもおそらく Microsoft 365 ユーザーの多くは Word / Excel / PowerPoint と Outlook と Microsoft Teams くらいしか使っていないんじゃないかと思っています。そういうユーザーはそもそも Microsoft 365 ホーム自体を利用する機会がないんじゃないかと。今回はその Microsoft 365 ホームの話です。

2022/12/17 付けで Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターに以下のメッセージが公開されました。

▼(更新済み)マイクロソフト 365: マイクロソフト フィード

※現時点では対象リリーステナントに展開中で、標準リリーステナントには4月下旬以降の展開予定との事です。

“Microsoft 365 :「フィード」が現れた” の続きを読む

僕の Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターの歩き方

※ これは先日 SNS に軽く投稿したら思いのほか反応があったのでブログにも紹介しておきます。

IT部門などテナント管理者さんは Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターはチェックしていますか?割と多い時は1日数メッセージあるし、内容も多岐にわたるので読んで理解してアクションをとる(社内で連絡・教育するなど)のは厳しいと思います。自動翻訳された日本語が微妙ってところもありますよね。

大きい会社であれば複数人で確認しあったり、テナント管理者だけじゃなく社内の利活用促進プロジェクトなどがあればそのプロジェクトメンバーにも見てもらったりしていると思います。でもそうじゃないとなかなか情報を追いかけるのが大変ですよね。

だからと言って何の助けにもなりませんが、僕も普段から毎日何回も Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターをチェックするし、そのメッセージでアナウンスされたアップデート情報が自分の環境に展開されていないか?をチェックしています。そこで僕なりの歩き方を紹介したいと思います。

①まずは眺める

“僕の Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターの歩き方” の続きを読む

Microsoft 365 :最近話題になっている大事な今後に関するアレコレをまとめてみた( Microsoft Stream , Microsoft Teams の機能 )

※本記事は 2023/01/19 時点の情報を元にしています。

本記事は以下の点について書いています。

  1. Microsoft Stream ( Classic ) の廃止
  2. Microsoft Teams の会議のライブキャプションの自動翻訳機能が Premium 機能に
  3. Microsoft Teams の Wiki の廃止

当ブログの購読者さんならご存じと思いますが、僕の当ブログのポリシーの一つとして「自分の環境に展開された機能を実際に試してみる」というのがあります。これは裏返すと Microsoft が出しているロードマップやアナウンスを参考に今後出るであろうアプリや機能を展開前の情報と憶測や予想を元に紹介するのはブログではなるべく避けている、という事でもあります。ロードマップやアナウンスはコロコロと変わるものだから、情報が流れる SNS で紹介したり適当な予想をしたりしています。そのように僕なりにアウトプットの手段を使い分けています。

しかし、今回の記事は今後の話です。なので番外編みたいな位置付けです。じゃなんでいつもは避けている今後の話を書こうと思ったのか?それはすでに SNS で話題になっている「今後において大事そうなアレコレ」が最近色々あるからです。機能が使えなくなる系です。これは使えなくなってから考えては遅い場合がありますからね。特に企業規模が大きくなるほど、廃止までの計画を検討して動き出さなければいけない場合もあります。なのでここ最近気になった事を今回3点ほど紹介します。で、そこは僕なのでザックリと適当に紹介するので、本記事は皆さんの「気付き」にしてもらい、気になったら皆さんが利用者であれば自分の組織のテナント管理者へ問い合わせ・相談をしてもらいたいし、自分がテナント管理者であれば Microsoft のサポートや担当営業さんなどに相談してみると良いと思います。

“Microsoft 365 :最近話題になっている大事な今後に関するアレコレをまとめてみた( Microsoft Stream , Microsoft Teams の機能 )” の続きを読む