Microsoft Teams :会議で共有された画面を拡大したい(動画あり)

今日の記事は、先日のコミュニティイベントで Microsoft Teams の、ちょっとしたTIPSを紹介したら凄く評判良かったので、その後 YouTube の動画にもして、更にここで記事にします。

さて、 Microsoft Teams で会議をしていて誰かが画面共有をしながらプレゼンなどをしているとします。その時に、共有された画面の解像度が高すぎたり、 Excel や PowerPoint の文字が小さくて読めない!読みづらい!という経験ありませんか?おそらく多くの方が経験あると思います。実は僕は老眼なのでそういう場合も結構あります。

▼画面共有された時に文字が細かくて見づらい…

そういう時にどう対応していますか?おそらく多くの方が画面共有者に対して「すみません、もう少し文字を大きくしてもらえませんか?」ってお願いしていると思うんです。でも、チームメンバーなどで少人数の会議であればカジュアルにお願いしやすいですが、大人数の会議や、お偉いさんも参加している会議や、オンライン商談など、カジュアルにプレゼンを遮ることがなかなか難しい場合もあります。また自分にとっては読めない・読みづらいと思っていても、自分の通常が他者の通常とも限りません。実は自分だけそう思っているだけだった場合は、話を遮ってまでお願いをした上に、大きさを変更したが故に返って他の人には見づらい場合もあります。また、画面共有者がPC初心者の場合は拡大の仕方がわからずに教え教えられ…で無駄な時間が経過しがちです。

では、どうしたら良いか?実は画面共有の場合、画面共有者に画面内のコンテンツを拡大してもらわなくても、共有されている側がそれぞれ各自で画面共有を拡大表示できるんです。これを覚えれば、話を遮らずに読みづらい部分を読みやすくできます。やり方は、画面共有された状態で画面共有エリアにマウスポインターを持って行き、

“Microsoft Teams :会議で共有された画面を拡大したい(動画あり)” の続きを読む

Micrsoft Teams :会議の美肌モード?美白モード?が来た!(ソフト フォーカス・明るさ調整)

※相変わらず前置き長いので本題を読みたい方はスクロールしちゃってください。

コロナ禍直後からオンライン会議の需要が爆上がりして当時は「オンライン会議マナー」なるものが良くも悪くも定義され出回っていたと思います。そのうちの一つに「なるべくカメラはオンにする事」がありました。実は僕もそう言っていた一人です。対面の会議と体験を同じにさせるには対面の会議は相手が見えないという事はないし、相手の表情などを伺いながら話し合うのは大事だと思っていたので。もちろん今でもカメラオンにする事が大事だという側面も持っていますが、今はちょっと考えが違っていて、あえて対面の会議と体験を同じにする必要もなく、オンライン会議はオンライン会議ならではのメリットもあるので、カメラのオンオフを選択できる点も一つのメリットなんじゃないかと。だから上司が部下に「カメラオンは絶対だ」と強要するのも違うんじゃないかなと思っています(これも何かのハラスメントになるんでしたっけ?知らんけど)。あくまでも僕の考えです。

さて、とはいえ例えばオンライン上で商談をする時などカメラをオンにしないと!という場面はあると思いますが、対面の商談では身なりや清潔感などに注意して訪問するわけだけど、オンライン上の商談となれば極端な話、例えばニオイは伝わらないなどあるけど、逆に気を付けないといけないのがカメラの映りだったりすると思います。例えばアングルが見下ろすような感じだと印象良くないのでノートPCならスタンドなどでカメラの位置を高くしたり工夫が必要です。また部屋の位置によっては照明との関係で顔が暗くなってしまい印象が悪くなる場合もあります。なので女優ライトのようなものがコロナ禍以降は売れたりしましたね。

また特に女性の場合、せっかく「今日は在宅勤務なのでメイクをせずに仕事に集中したい!」という時に、その日たった30分1回の会議のためにメイクするのもダルいですよね。カメラオンにしなければ乗り切れるけど、カメラオンにしなければいけない会議だったりすると…。

と、もっとカメラ映像を明るくしたい!とか、美白・美肌に映りたい!という要望に応じたのかはわかりませんが、2022/04/04 付けで Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターに以下のメッセージが公開されました。

“Micrsoft Teams :会議の美肌モード?美白モード?が来た!(ソフト フォーカス・明るさ調整)” の続きを読む

Microsoft Teams :会議の録画には映らないモノがある…

季節は少し早いけど、わざと怪談話風なタイトルにしました(笑)

Microsoft Teams で会議の録画機能はかなり利用されているんじゃないかと思います。会議に参加できない人用に残していたり、議事メモ代わりに残していたり、社内勉強会のオンデマンド配信用みたいにしていたり。

そんな便利な会議の録画機能ですが、会議中に利用している共有コンテンツや機能次第では、会議にリアルタイムに参加しているのと同等の体験をできない場合もあります。場合によっては全く表示されない共有コンテンツもあるし、場合によっては折角凝った作りでオチをドーン!と出すハズが、録画の方では先にもうオチが見えちゃってるような場合もあったり。

先日 YouTube の動画にいただいたコメントをキッカケに、気になる共有コンテンツを実際に録画して試しました。試した共有コンテンツや機能は以下です。

  • PowerPoint Live
  • ホワイトボード( Microsoft Whiteboard )
  • スポットライト機能

実際に会議をしているのをリアルタイムで録画した動画と、会議の録画で録画した動画を並べて比較してみたところを YouTube に動画にしてます。わりとコンパクトに収めたので是非視聴してみてください。ついでにチャンネル登録と高評価もお願いします(← YouTuber らしく(笑))

このように録画をした時に共有されないコンテンツや共有されるけどちょっと変…というものがあります。会議に参加している人が優先で録画は予備くらいな場合は気にせずに便利な共有コンテンツや機能を使って良いと思いますが、録画された動画をその後もしっかり利用していく予定がある場合は気を付けなければいけませんね。

Microsoft Teams :会議の録画の自動有効期限 – Part.3 有効期限が切れた後の挙動と復元

Microsoft Teams の会議の録画の有効期限については、これで3回目です。特に基本動作は Part.1 に書いてあるのでまだチェックしていない人は先にそちらをチェックしてみてください。

Microsoft Teams :会議の録画の自動有効期限 – Part.1

Microsoft Teams :会議の録画の自動有効期限 – Part.2 有効期限を変更できる人はだれ?

さて、今回は、有効期限が切れた後の挙動について確認していきたいと思います。保存先がわかっているので確認せずとも予測は付きますが、念のため。あと、有効期限が切れて削除されたファイルを元に戻す復元方法も確認します。

例によって、会議の種類「チャネル会議」「非チャネル会議」で録画ファイルの保存先も変わるので、今回もその2種類どちらも確認していきます。

“Microsoft Teams :会議の録画の自動有効期限 – Part.3 有効期限が切れた後の挙動と復元” の続きを読む

Microsoft Teams :会議の録画の自動有効期限 – Part.2 有効期限を変更できる人はだれ?

色々忙しくて1週間ほど更新ができませんでしたが、ようやく少し落ち着きました。前回の記事で Microsoft Teams の会議の録画の自動有効期限を試してみて、触りの部分を話しました。

Microsoft Teams :会議の録画の自動有効期限 – Part.1

ただ、触ってみると気になる点が色々増えてきたので、今回以降はその気になる点について書いていきます。なので基本的な動作に関しては上の Part.1 をご覧ください。

では気になる点を見ていきます。会議の録画の保存先はチャネル会議なら SharePoint 、非チャネル会議なら OneDrive なので、1つの気になる点に関して両方のパターンで見ていきます。(チャネル会議・非チャネル会議の詳細な説明は、これまで色々と触れているので割愛します)

“Microsoft Teams :会議の録画の自動有効期限 – Part.2 有効期限を変更できる人はだれ?” の続きを読む

Microsoft Teams :会議の録画の自動有効期限 – Part.1

※触っていくほど書きたいことが増えてきたので複数記事にします。今回はほんの触りの部分。

Microsoft Teams の会議の録画機能は展開されて以来多くの人が使ってると思います。大事な部分を観返したり、会議に参加できなかった人も後から観る事ができます。また、リアルタイムで社内講習会などをした時に、録画さえしていればオンデマンド配信的な感じで使い回す事もできます。しかし、中には「とりあえず録画」という感じで録画をしても誰一人観ないままずっと保存されている…という事もあるでしょう。 Microsoft によると、「録画されてから60日後までに視聴している動画は5%未満、120日後までに視聴している動画は1%未満」という統計があるようです。その統計に基づいて、会議の録画の自動有効期限が切られる事になりました。

2021/07/30付けで Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターに以下のメッセージが公開されています。

▼(更新)OneDrive と SharePoint でのチーム会議のレコーディングの自動有効期限

長いですね。そして公開から展開まで何度も変更がありました。半年以上ですね。そして僕の環境にもようやく展開されたので、見てみたいと思います。

“Microsoft Teams :会議の録画の自動有効期限 – Part.1” の続きを読む

Microsoft Teams :会議ウィンドウの細かいアップデート

ネタがないわけじゃないけど、ちょっと忙しいので手軽に書けるネタにします。今日、日課の Microsoft 365 を巡回していたら、 Microsoft Teams の会議で即違和感をおぼえました。

▼会議ウィンドウ

“Microsoft Teams :会議ウィンドウの細かいアップデート” の続きを読む

Microsoft Teams :会議で自分のカメラ映像をピン留め

Microsoft Teams において「ピン留め」機能がいたるところにあるのでややこしくなってきた感がありますが…今回もネタが一つ増えました。実際はちょっと前から機能としては展開されていましたが、ウッカリとスルーしていました。それが会議で自分のカメラ映像をピン留めできる機能です。先月、自分のカメラ映像を非表示にする機能の紹介をしたのに、今回はその逆バージョンでしょうか。

Microsoft Teams :会議で自分のカメラ映像を非表示にできるようになった

自分のカメラ映像を非表示にする理由として Microsoft が挙げていた一つが、オンライン会議において自分のカメラ映像が常に見えている事が疲労の原因にもなるという話がありましたが、ではなぜその原因の自分のカメラ映像をあえて逆にピン留めさせておくこの機能が存在するのか?も含めて試してみたいと思います。

“Microsoft Teams :会議で自分のカメラ映像をピン留め” の続きを読む

Microsoft Teams :会議中や通話中の通知をミュートにする機能

Microsoft Teams で会議や通話をしている時に、これらの悩み事ありませんか?

  • 会議や通話中に通知が飛んで集中できない…なんて事ありませんか?
  • 会議中に会議チャットに書き込もうとしたら通知バナーがせり出してきて邪魔に感じた事ありませんか?
  • ディスプレイ1枚のみで会議に参加して画面共有した時に、通知バナーが表示されてメッセージの冒頭部分が見えてしまってヒヤヒヤした事ありませんか?

これらの悩みがあるなら解決できる機能が登場しました。会議や通話中に通知をミュートさせる設定です。これは2022/01/08付けで公開された Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターのメッセージに該当します。

▼ (更新)会議中の通知をミュートする

では、実際に試してみます。

“Microsoft Teams :会議中や通話中の通知をミュートにする機能” の続きを読む

Microsoft Teams :会議で自分のカメラ映像を非表示にできるようになった

もしかしたら自分のルックスに自信のある人にとっては全く魅力を感じない機能?

会議でカメラをオンにした時に、会議ウィンドウ上には自分のカメラ映像も表示されます。これを非表示にできる機能が出てきました。

2021/12/31付けで Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターの以下のメッセージが公開されました。

▼(更新)Microsoft Teams: チームの会議で自分のビデオを非表示にします。

僕の環境でも展開されたので試してみます。

“Microsoft Teams :会議で自分のカメラ映像を非表示にできるようになった” の続きを読む