Microsoft Teams :チャットでファイルを添付しようとしたら「このファイルは既に存在します。」と怒られる

※ありがちな事なので記事にしてみました。

Microsoft Teams においては、いわゆるチャットをする方法は大きく2種類あります。

  • 「チーム」のチャネルで会話
  • 「チャット」で個人チャットもしくはグループチャット

この2種類の違いに関しては以下の記事でも少し書いてるのでご参考までに。

Microsoft Teams :チャネルの会話とチャットの違い & チャットで引用返信ができるって知ってた?

で、そもそも Microsoft Teams を「有効に活用する」には、エンドユーザーでも Microsoft Teams の裏側の仕組みを知る必要が出てきてしまうのですが、 Office 365 の様々なサービスの組み合わせの上に成り立っているので、理解するのが大変です。また、エンドユーザーがトラブルでIT部門に問い合わせをした時も、IT部門がどこまで説明すれば良いのか?という点も悩ましいところです。
そういう意味でも会社としてチャンピオン制度(アンバサダー制度)を作って、 Teams チャンピオン達が説明や回答ができるようになるとIT部門の負担も減り、従業員のITスキルの底上げにもつながるのかなと思います。

話を戻して、今回関わってくるところで言うと、添付ファイルがどこに保存されるか?という点が大事です。

  • 「チーム」のチャネルの会話に添付したファイル → SharePoint のチームサイトのライブラリに保存
  • 「チャット」のメッセージに添付したファイル → 添付したユーザーの OneDrive に保存

添付した場所によって保存先のサービスが違うんですよね。

で、今回は「チャット」の話なので OneDrive に保存されるファイルの話です。

“Microsoft Teams :チャットでファイルを添付しようとしたら「このファイルは既に存在します。」と怒られる” の続きを読む

Microsoft Teams :ファイルタブ(SharePoint ライブラリ)は PCのエクスプローラーと同期できる

結構知られていないけど教えると非常に喜ばれる事なので記事にします。

Microsoft Teams のファイルタブは、裏側にある SharePoint チームサイトのドキュメント ライブラリです。そして、 SharePoint のライブラリは OneDrive アプリでPC上のフォルダーと同期できます。つまり、PCのエクスプローラーで直接作業できます。以下、 OneDrive アプリが入っている前提です。

“Microsoft Teams :ファイルタブ(SharePoint ライブラリ)は PCのエクスプローラーと同期できる” の続きを読む

Microsoft Teams :先にアップロードしたファイルからキレイに会話をはじめる方法

前回、 Microsoft Teams でファイルを扱う上での僕なりのベストプラクティスを紹介しました。

Microsoft Teams :チャットにファイルを添付する僕なりのベストな方法

この中ではドキュメントの共同作業をするチームならファイル管理はフォルダーでの整理は最低限した方が良いですね、という事を言いました。そして最後の方に、整理して適切なフォルダー内にアップロードしたファイルから会話をはじめる方法を紹介しましたが、何通りか方法があります。単純にファイルのURLを貼り付けるだけだとURLが長くてメッセージ自体が汚くなるし、テキストリンクを作ると「ブラウザーで開く」と「デスクトップ アプリで開く」を選べなかったりします。一番キレイなのが『ファイルリンクボタン』(正式名称がないので前回勝手に命名)なんだけど、先にアップロードしたファイルから会話を開始したい場合に、このファイルリンクボタンを表示させる方法が意外とわかりづらく知らない人が多いので紹介します(先にファイルをアップロードしてあることが前提です)。

“Microsoft Teams :先にアップロードしたファイルからキレイに会話をはじめる方法” の続きを読む