Microsoft Teams :【僕のべスプラ】チームのチャネルの投稿の「件名」って大事!(動画)

過去に色んな場所で言ってきた僕の中のベストプラクティスの一つを動画にまとめて紹介してみました。

「チャット」にはなくて「チームのチャネルの投稿」にはあるものの一つがスレッド(新しい投稿)に『件名』が付けられる件。

個人的にはチャネルの投稿内が整理され検索機能に頼らずとも過去の内容を見つけ出すための一つの方法として大事だと思っています。動画では全く同じ内容で「件名を付けたチャネル」と「件名を付けていないチャネル」を用意して比較しながら件名を付けた方が良いという説明しています。また、あまり利用シーンが見出せない「モデレート機能」も場合によっては活用できるかもね、という話も入れています。

あくまでも僕個人的なベストプラクティスの一つなので正しい・正しくないという話ではないです。一つの参考にしていただければと思います。

ついでに高評価とチャンネル登録もよろしくお願いします。モチベーションの維持にもなるので、今後動画を生み出し続けるか否かにも左右します。

https://www.youtube.com/c/Home365/

Microsoft Teams :【みんな知っておくべき!?】「チャット」と「チームのチャネルの投稿」の添付ファイルの保存場所(動画)

Microsoft Teams 初心者が最初に混乱するのが「チャット」と「チーム(のチャネルの投稿)」だと思います。どっちもいわゆるチャットができるんですよね。そうすると「どう違うの?」「どう使い分けるの?」というところになりますが、正解はないと思います。ただ、両方の特性やメリット・デメリットを知る事で自然と自分のチームや組織に合ったベストプラクティスは模索して徐々に見出せるんじゃないかとも思います。ただ、管理者であるIT部門や利活用促進部門は Microsoft Teams の裏側の仕組みを把握しておく必要はあるかもしれないけど、ことエンドユーザーである従業員たちがどこまで裏側の仕組みを把握すべきなのか?IT部門はどこまで従業員に教えるべきなのか?というのは非常に悩ましいです。知らなくたって使えるし、難しい事を説明したってかえって混乱するので。このサジ加減は僕もわかりません。おそらくここら辺もその組織次第だとも思います。ただ一つ言える事は、知らないと後々困ったりトラブルになりかねない可能性もあるんですよね。なのできっとこのブログや僕の YouTube の動画をワザワザ検索結果から見てくれる人達は関心が高い人達だと思うので(すでに把握してる人達も多そうですが…)、あえて僕が理解してる範囲内でなるべく画面を見ながら説明したいと思いつきました。

今回はまず「添付ファイルの保存場所」という観点で2者の違いをお話します。ここで言う「添付ファイル」というのは、つまり自分のPC上にあるファイルを入力欄にドラッグ&ドロップしてメッセージを投稿する事です。簡単に言えば、

「チャット」に添付ファイル → 保存先は OneDrive
「チームのチャネルの投稿」に添付ファイル → 保存先は SharePoint

となりますが、別にそんな事知らなくたって、 Microsoft Teams 上で、メッセージに添付されているファイルのリンクをクリックすれば利用できちゃうんですよね。

実際はもう少し細かい説明が必要だったり、実際の画面上ではどうなのか?あたりも気になると思います。動画にして YouTube にアップロードしたので、こちらを見てください。

今回は触りの部分の説明ですが、今後は更に深堀りしつつ、その特性がゆえの注意点なども動画にしてみたいと思います。あまり長い動画は大変だと思うので、なるべく1本10分以内にしたいと思います。

で、意外と動画作成は大変なので、モチベーションアップして継続させるためにも、是非、チャンネル登録と高評価をお願いします!

https://www.youtube.com/c/Home365/

Microsoft Teams :「承認」機能をチームのチャネルで使ってみる

「承認」シリーズの4回目です。


【 Microsoft Teams 「承認」シリーズ】

[1] Microsoft Teams :承認アプリが一般展開されたようです

[2] Microsoft Teams :「承認」機能をチャットで使ってみる

[3] Microsoft Teams :モバイルアプリにも「承認」が展開された

[4] Microsoft Teams :「承認」機能をチームのチャネルで使ってみる(この記事)


2回目でグループチャット上で承認を使ってみたけど、今回はチームのチャネルの方です。チャット上での承認とどんな違いがあるか?という点です。

では、試してみましょう。

“Microsoft Teams :「承認」機能をチームのチャネルで使ってみる” の続きを読む

Microsoft Teams :チャネル内のメッセージをピン留めできるようになった

Microsoft Teams のピン留めって一言で言っても「どのピン留め?」って言うくらい色々なピン留めがありますよね。今ちょっと思いついた限りで書いてみると、

  • アプリのピン留め
  • チャットのピン留め
  • チャネルのピン留め
  • 会議のピン留め

4つかぁ。もっとあったらごめんなさい。今思い付く限りを挙げただけなので。しっかしピン子の種類多いですね。

で、今回は更にピン留めが追加されました。だから5種類目のピン留めです。それがメッセージのピン留めです。


[ 2012/02/08 ]
5種類のピン留めについてザックリと解説した動画も公開しました。


Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターには今年の6月には公開されていたけど展開が遅れたのかな。

▼(更新)マイクロソフトのチームは、新しい情報ウィンドウとピン留めされた投稿を持っています

それでも中を見ると標準リリーステナントでも10月末までに展開完了予定って書かれていたから、実は僕も気付いていなかっただけでもう少し早く使えていたのかもです。

では試してみます。

“Microsoft Teams :チャネル内のメッセージをピン留めできるようになった” の続きを読む

Microsoft Teams :チャネルの通知設定が少し変わってた

Microsoft Teams では通知の設定が複数個所にあり細かく色々設定できます。そのうちの一つに特定のチャネルに対する通知の設定ができます。これが最近少し変わっていた事に気が付いたので記事にします。

実際に試します。

“Microsoft Teams :チャネルの通知設定が少し変わってた” の続きを読む

Microsoft Teams :チャネルの会議を開始するボタンの場所が移動された

チャネル会議を始める時のボタンの位置が突然変更されて、従来の位置からボタンが忽然と姿を消して困惑しているユーザーも多いかも?と思って記事を書いてみます。

そもそも Microsoft Teams は「チャット」と「チームのチャネルの投稿」の違いがユーザーの混乱の元だったりもします。また、アプリ内でUIに一貫性がないとユーザーは混乱しがちです。チャットからビデオ通話を開始するボタンと、チャネルからオンライン会議を開始するボタンの位置が今までは全然別の場所だったんですよね。特にチャネルからオンライン会議をする際のボタンの位置は個人的に不自然だと思っていました。

“Microsoft Teams :チャネルの会議を開始するボタンの場所が移動された” の続きを読む

Microsoft Teams :昨日オンライン登壇で話しました!チームのチャネルの会話とチャットの違いも!(録画分はいつでも視聴可)

Microsoft Teams を触り始めて、最初の頃に抱く疑問点の中の一つに「チーム」と「チャット」の違いが挙げられます。
チームのチャネルの会話とチャットの会話では、普通に文字で会話ができるし、添付ファイルもできる。違いがわからないし、使い分けがわからないという感じです。

“Microsoft Teams :昨日オンライン登壇で話しました!チームのチャネルの会話とチャットの違いも!(録画分はいつでも視聴可)” の続きを読む

Microsoft Teams :チャネルのピン留めができるようになった

10月末までに展開完了ってアナウンスだったので半月ほど遅れたけど、ようやく Microsoft Teams のチャネルをピン留めできる機能が展開されました。触ってみます。

“Microsoft Teams :チャネルのピン留めができるようになった” の続きを読む

Microsoft Teams :チャネルにメール送信機能の注意点。誰でもメールで投稿できちゃうよ!

最近、仕事もプライベートも多忙な上に先週末に胃腸炎になってしまって、ちょっと更新が滞ってしまいました。ネタはたくさんあるんですけどね。

さて、Microsoft Teams にはメールを送信するとチャネルに投稿される機能があります。個人的には使わない機能なのでノーマークだったのですが、必要あって様々な機能を嘗め回していた時にちょっと気になる点を見つけました。

“Microsoft Teams :チャネルにメール送信機能の注意点。誰でもメールで投稿できちゃうよ!” の続きを読む

Microsoft Teams :「チャネル」?「チャンネル」?

この記事を書いている時に、昔、友達のお母さんが持っていたシャネルのバッグが、よく見ると「CHANEL」のバッタもんで「CHANNEL」だった事を思い出しました…。

英語で「 Channel 」は日本語では「チャンネル」と発音するのがおそらく一般的ですね。テレビの話をするときは「チャンネルを回す」が一般的ですからね。(「回す」という言い回しがすでに古いですけどね。昔はガチャガチャと回してました。)そして、仕事をしていると「チャネル」という発音も良く聞きます。友達との会話で「チャネル」と発音する事はほとんどないですけどね。どちらも英語では「 Channel 」ですよね。

Microsoft Teams にも「 Channel 」という用語はあります。これが実は Office 365 内で揺れてるんですよね。困っちゃいます。

▼アプリ内では「チャネル」

▼管理センター内では「チャンネル」

日本語の読み方などは前々から色々と取り上げていますが、表記揺れは混乱の元なのでなんとかしてほしいですね。

この場合は、アプリの方が「チャネル」なので、チャネルで良いと思います。(管理センターは利用者にいは見えませんからね。)

ちなみにこの情報も混乱の元になりそうですが、 Slack で使う用語は「チャンネル」ですね。