Microsoft Teams :挙手機能で挙手した順番がわかるようになった

Microsoft Teams のオンライン会議では、マイクをオンにして話をさえぎって「はい!」と主張せずとも、挙手できる機能があります。ブログを見返すと2020年5月中旬に展開されていたようで、もう2年弱前なんですね。

Microsoft Teams :挙手機能が展開された!&この機能を有効的に使うには…

で、この頃は挙手機能について少し懐疑的でした。というのもちゃんと挙手した人を拾ってあげられる人はいるのか?誰も気が付かずに結局マイクをオンにして「はい!」って言うんじゃないか?と。でも、2年も経つとオンライン会議に慣れてきた人も多く、会議の主催者あたりがしっかり司会役をしてくれたりもして、挙手機能で挙手した人を拾ってくれるシーンも増えてきました。たぶん。

さて、そんな時に挙手機能に挙手した順番がわかるようになっていました。 Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターには僕の見た限りだと見つからず。たしか Microsoft の Twitter のどれか公式アカウントがそのような予告ツイートをしていたので、事前に知っていましたが。

そんな感じで、とりあえず僕の環境に展開されていたので試してみます。

“Microsoft Teams :挙手機能で挙手した順番がわかるようになった” の続きを読む

Microsoft Teams :会議の挙手機能で全員の手を一括で下げる

Microsoft Teams の会議の挙手機能が展開されてから1年経ったんですね。

Microsoft Teams :挙手機能が展開された!&この機能を有効的に使うには…

皆さん、挙手機能を使っていますか?多くのオンライン会議は少人数で全員が発表者で開催する事が多く、途中で話したい場合は普通に声で割り込むんじゃないかと思います。なので実は挙手機能ってそこまで使われていないんじゃないか?が僕の推測です。

とはいえ、コロナ禍になってからガンガンに Microsoft Teams の会議の新機能が追加され、次第に「開催者」「発表者」「出席者」の役割が大事になり、「出席者」のできる事を色々と制限できるようになりました。なので大きな会議や大事な会議においては、開催者がうまく機能を利用してトラブルの少ない会議の進行ができるようにもなりました。そういう場では挙手機能は活用されているんですかね。

また、ライトな使い方として「発言したい」というアピールの用途だけではなく、「●●だと思う人、挙手機能で挙手してください」という、その場で傾向を確かめたり簡単に多数決を取るなどの時に利用する方法もありますね。また徐々にファシリテーターがオンライン会議に慣れてきて、挙手した人を拾う余裕が出てきたようにも思います。

“Microsoft Teams :会議の挙手機能で全員の手を一括で下げる” の続きを読む

Microsoft Teams :会議の挙手機能にショートカットキーが割り当てられた

Microsoft Teams の会議中に挙手機能で挙手した事ありますか?これは過去にも何度か記事にしたり某弊社のウェビナーでも紹介しました。

Microsoft Teams :挙手機能が展開された!&この機能を有効的に使うには…

Microsoft Teams :挙手機能がモバイルアプリからも利用可能になった!

Microsoft Teams :会議で出席者にマイクのミュートを解除させない機能が展開された!そして挙手機能と組み合わせる事で…!

(全く関係ないけど最近「三点リーダー症候群」なんて言葉を聞いたけど、僕のブログは…。ま、いっか(笑))

発言をしたくて手を挙げるだけじゃなくて、会議中に「賛同される方、挙手をお願いします!」みたいな事をしたい時でも、投票機能を仕込まなくても、その場で気軽に挙手機能で挙手してもらいたい場面でも結構使われていますね。

そんな挙手だけど今までショートカットキーが割り当てられてなかったんですよね。マウスでアイコンをクリックするだけ。特にショートカットキーを多用する人には…いや、そもそもショートカットキー使うくらい挙手しまくる人なんていないか…って言ったら元も子もないので(笑)

とにかく昨日発見したんですよね。

▼手を上げる

あれ?よく見たら「手を挙げる」じゃなくて「手を上げる」になってた。まぁそれはいいや。良く見ると以前はなかったショートカットキーが表示されていますね。

Ctrl + Shift + K

できますできます。手を挙げた状態で再度ショートカットキーを使えば下げられます。うん、便利。ただし、現時点では[ Ctrl + . ]で表示されるショートカットキー一覧の中にはありませんでした。あ、ただ、パブリックプレビューでショートカットキー一覧を表示すると、

▼英語だけど追加されていました

ただし、上述の通り、パブリックプレビューにしていなくても挙手アイコンにマウスホバーさせるとショートカットキーまで表示されていれば、実際使えますね。

僕は早速、 STREAM DECK にボタン登録しましたよ。

▼ STREAM DECK に挙手機能(ちょっと汚かった…あとで掃除しようっと)

STREAM DECK を知らない方は以下の記事を参照してください。

Microsoft Teams : STREAM DECK で面倒なショートカットキーを物理ボタンで操作!(例えば会議の時のミュートボタン)

僕も挙手は滅多に使いませんけどね。

Microsoft Teams :会議で出席者にマイクのミュートを解除させない機能が展開された!そして挙手機能と組み合わせる事で…!

これはうれしい機能が展開されたと思います。 Microsoft Teams の会議では、誰でもマイクのオンオフができますよね。なので、例えば会議によってはプレゼン形式でプレゼン途中で横ヤリ入れられたくない場合もあると思います。また、慣れない人が操作ミスでマイクがオンになり生活音や家族の声が入り込んだり、ハウったり…なんて事あると思います。そういう場合、まず慣れていない司会者なら「誰かマイクがオンになってますよ!ミュートしてください!」って叫び続けますよね。慣れてる司会者なら、発信源を特定して個別でミュートしたり「 Mute all 」あらため「全員をミュート」ボタンを押しますよね。

Microsoft Teams :会議の「 Mute all 」ボタンが「全員をミュート」ボタンに!

ただ、もっと面倒な操作をしたくない。司会者が1人もしくは不在の場合に操作に注力できない。なんて場合は、出席者は全員ミュートにして、ミュートを解除させられない設定があると便利かと思います。それがこの新しい機能。

数日前に展開されたので触ってみたいと思います。

“Microsoft Teams :会議で出席者にマイクのミュートを解除させない機能が展開された!そして挙手機能と組み合わせる事で…!” の続きを読む

Microsoft Teams :挙手機能がモバイルアプリからも利用可能になった!

Microsoft Teams のオンライン会議内で挙手できる機能が先日展開されました。

Microsoft Teams :挙手機能が展開された!&この機能を有効的に使うには…

ただ、この5/18時点ではモバイルアプリからは利用できなかったんですよね。

それが、今見てみたら挙手機能が利用できるようになっていたので試してみます。

“Microsoft Teams :挙手機能がモバイルアプリからも利用可能になった!” の続きを読む

Microsoft Teams :挙手機能が展開された!&この機能を有効的に使うには…

最近の Microsoft Teams のアップデートは凄い勢いですね。そして特にオンライン会議の機能のリリースが前倒しされている感じです。ここ最近だと会議で背景画像を指定できる機能が話題になり、かなり直近では最大9人表示されるアップデートが非常に注目されてきています。そんな中、若干地味な「挙手」機能が展開されたので触ってみます。

“Microsoft Teams :挙手機能が展開された!&この機能を有効的に使うには…” の続きを読む