Microsoft Teams :チャネル会議でもトランスクリプトが利用できるようになっていた

日々進化するクラウドサービスにおいては、いち早く情報発信をすると翌日には古い情報になっている事も普通にあります。今年の9月に Microsoft Teams の会議のライブキャプション・トランスクリプトが日本語対応され、記事を書きました。

Microsoft Teams :会議のライブキャプション(字幕)・トランスクリプト(文字起こし)が日本語対応された

さっき、ふとこの記事がもう古い情報になっている事を発見したので今回記事を書いてるわけです。それがトランスクリプトについて。上の記事の後半の「■トランスクリプトの残念な事」という章の中で、「トランスクリプトはチャネル会議や[今すぐ会議]では利用できない」と書きました。引用として Office サポートの該当部分のスクショも貼っています。しかし、今確認すると、 Office サポートの該当ページ自体が変わっていました。そもそもライブキャプションの説明ページにトランスクリプトの説明も入っていたのが、今はなくなっていて、トランスクリプトは別のページとして存在しています。

Teams 会議でのライブ トランスクリプションの表示
https://support.microsoft.com/ja-jp/office/dc1a8f23-2e20-4684-885e-2152e06a4a8b

さらに、当時は書いてあった「チャネル会議」や「今すぐ会議」では機能が使用できない旨の記載はありませんでした。

では、実際にチャネル会議でトランスクリプトが利用できるか、試してみます。

“Microsoft Teams :チャネル会議でもトランスクリプトが利用できるようになっていた” の続きを読む

Microsoft Teams :チャネル会議でも会議終了後に参加者レポート(出席者情報)をダウンロードできるようになった

ちょうど昨日の記事の中で、 Microsoft Teams で非チャネル会議であれば参加者レポート(出席者情報)は会議終了後でもダウンロードできるって書きました。参加者レポートとは、会議に誰がいつ参加していつ退出したかが記録されたCSVファイルのことです。

Microsoft Teams :会議終了後、詳細画面に録画やメモなどがまとまって表示されるようになった(ただし…)

そんな矢先に今度はチャネル会議でも会議終了後に参加者レポートをダウンロードできるようになったんです。

“Microsoft Teams :チャネル会議でも会議終了後に参加者レポート(出席者情報)をダウンロードできるようになった” の続きを読む

Microsoft Teams :チャネル会議でも会議のオプションで特定のユーザーを発表者に指定できるようになった

■少し前までは?

以前、以下のような記事を書きました。

Microsoft Teams :会議で出席者のミュート解除を許可しない設定が会議オプションからできるようになった

で、この本題ではないんだけど、記事内で、チャネルに紐づけた会議の場合は、会議のオプションの「発表者となるユーザー」で「特定のユーザー」を選択できない。って書いてるんですよね。

▼記事内の当時のスクショ

実際に「特定のユーザー」を選択できないし、できない理由が「現時点では、チャネルの会議で特定の発表者を選択することはできません。」って明記されていますからね。

■現在

それが、昨日たまたま同じ事をしてみたらできたんですよ!

実際にやってみます。

“Microsoft Teams :チャネル会議でも会議のオプションで特定のユーザーを発表者に指定できるようになった” の続きを読む