Microsoft Teams :会議のスポットライト機能が複数人(最大7人)に対応された

ダイナミックビューの機能の確認をしていた時に展開されている事を確認しました。

そもそも Microsoft Teams の会議のスポットライト機能とは、話者にスポットライトを当てるように会議参加者全員に特定の人のカメラ映像を大きく表示させる機能です。振り返ると去年の9月下旬に展開された機能なんですね。

Microsoft Teams :会議のスポットライト機能が展開された!どんな機能?

で、この記事内にも書いているんですが、複数人にスポットライトを当てる事はできなかったんです。なので1人の独演会はできても、複数人で座談会するような時は使えない機能でした。

それが、複数人に対応されると、Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターには今年の3月24日に公開され、1ヶ月ほど展開が延期になったような感じでした。

▼(更新)チームミーティングに複数のスポットライトが表示される

そして今朝、僕のテナントに展開されたのを確認しました。では試してみます。(また見苦しいスクショが…(笑))

“Microsoft Teams :会議のスポットライト機能が複数人(最大7人)に対応された” の続きを読む

Microsoft Teams :会議のダイナミックビュー

おそらく発表者モードと同時に展開されるであろう Microsoft Teams の会議のダイナミックビュー。 Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターには、今年の3月3日にメッセージが公開されています。

▼(更新)Microsoft Teams: 動的ビュー

参加者のカメラ映像(オフの時はアイコン)のサイズや位置が状況に応じて可変するというビューだけど、イマイチよくわからない。すでに展開済なので過去がどうだったかも良く覚えていないし、検証するも1人だとカメラ全部オンにしたら自分の顔が並ぶだけで気味悪いので…。そんな限られた環境の中、あえて触ってみて気付いた点などをツラツラと書いてみます。(最低限で1つカメラをオンにしています。お見苦しいスクショに関しては…失礼!恥ずかしいから画像サイズを小さめにしています(笑))

“Microsoft Teams :会議のダイナミックビュー” の続きを読む

Microsoft Teams :開封確認機能(既読機能)が展開されました!正直やめれ~!

結構前からアナウンスはあり、管理センターには設定項目だけはあったもののなかなか機能が展開されなかったのがコレ。開封確認です。いわゆる既読確認です。「既読確認」と聞くと拒絶反応を示す人もいるんじゃないか?というくらいこの機能は展開される前から賛否両論あった機能ですね。個人的には苦手派なので余計な事しないでよ~と思っちゃいます。

※ 開封確認機能はチャットのみの機能で、チームのチャネルの会話にはありません。

“Microsoft Teams :開封確認機能(既読機能)が展開されました!正直やめれ~!” の続きを読む

Microsoft Teams :「 Microsoft Teams 」の読み方 ~2019年10月版~

2年前から僕は「『 Microsoft Teams 』の読み方わからない問題」という、人によってはどうでも良い問題に取り組んできました。過去に7回も当ブログで記事にしましたし、日本マイクロソフト社のサポートに問い合わせてみたり、 Office 365 勉強会でも登壇して話したり、その時にも中の人に質問してみたり…。異常かと思われると思いますが、僕にとっては大事なこと。現に僕のブログのページごとのアクセス数を調べると半年前あたりから読み方わからない問題の記事が常に2位か3位にいますからね。そのくらい皆さん読み方に不安があって調べているんです。それを解決すべく取り組んできたわけです。

で、前回8月は日本マイクロソフト社の公式なニュースやブログで明確に「チームズ」と記載されているという事を紹介させていただきました。

Microsoft Teams :「 Microsoft Teams 」の読み方 ~2019年8月版~

今回はさらに重要な証拠をゲットしましたので紹介します。これは Power BI の Microsoft MVP である清水優吾さんからいただいたものです(ありがとう!)

“Microsoft Teams :「 Microsoft Teams 」の読み方 ~2019年10月版~” の続きを読む

Microsoft Teams :「 Microsoft Teams 」の読み方 ~2019年8月版~

「 Microsoft Teams 」の読み方わからない問題について…。多くの日本人が疑問に思い不安な毎日を過ごしている?中、この読み方わからない問題について最初に声を大きくし行動したのは僕であると自負しています。

さかのぼる事約2年前!当ブログで2017/08/25にこんな記事を書いたところからスタートしました。

“Microsoft Teams :「 Microsoft Teams 」の読み方 ~2019年8月版~” の続きを読む

Office 365 :[ Microsoft Teams ]の読み方は解決済だったハズだけど蒸し返す…

日本人ならではなのかはわかりませんが、Office 365 あるある?として、読み方に不安がある問題があります。これについては僕は異常なまでに執着があり、過去に4回ほど記事を書いています(ホント、自分でも異常だと認識しています(笑))。だって、気持ち悪いじゃないですか。

Office 365 :読み方がイマイチわからないサービス(現状わからないままです)
Office 365 :【解決】読み方がイマイチわからないサービス
Office 365 :「 Teams 」の読み方 その後急展開!?
Office 365 : [ Microsoft Teams ]の読み方は「 マイクロソフト チームズ 」! 解決編!(今度こそ!?)

で、一番話題になる「 Microsoft Teams 」に関しては最終的に「 マイクロソフト チームズ 」で解決をしたハズなのですが、それでも拭えない不安感はあったんですよね。海外の動画を見ると「ズ」って聞こえない事が多いからです。

“Office 365 :[ Microsoft Teams ]の読み方は解決済だったハズだけど蒸し返す…” の続きを読む

Office 365 :「 Teams 」の読み方 その後急展開!?

[2018/03/07]追記

Microsoft Teams の読み方は解決しました!(たぶん)

Office 365 : [ Microsoft Teams ]の読み方は「 マイクロソフト チームズ 」! 解決編!(今度こそ!?)


当ブログでは2回に渡って Office 365 のアプリの読み方について記事にしてきました。

Office 365 :読み方がイマイチわからないサービス(現状わからないままです)

Office 365 :【解決】読み方がイマイチわからないサービス

その中で「 Teams 」の最終的な結論はマイクロソフトのサポートセンター内の慣例的な読み方である「チームス」が間違いないのかな?とその時は結論に至りました。中の人がそう読んでいるのなら間違いないのかなと。

それが急展開!

先日、マイクロソフトの Teams に関するセミナーに参加してきました。会場に入ると、ビデオが流れていたのですが、いきなり「マイクロソフト チームズ」と聞こえたのです。

えっ!?

セミナーが始まりましたが、司会の女性も「チームズ」と言うじゃないですか。その後も登壇者は皆「チームズ」と言いました。どういうこと!?

セミナー内では実際にマイクロソフトが準備してくれた Teams 内で参加者が利用できて登壇者への質問などは全てその中で行う流れでした。なので、質問してみたんですよ。なんて読みますか?って。そしたら…

製品部門では「チームズ」と言っています。 

なんと!?

まさかの日本マイクロソフト内でも読み方が揺れていたんです。

さて、どうしたものか?僕の中では「チームズ」と読もうと結論づけました。 理由は以下の通り。

  • 製品としての読み方ではなく一般的に英語の発音として「Teams」は「チームズ」。
  • 製品部門が「チームズ」と言っている。
  • 紹介しているビデオ内でも「チームズ」と言っている。

さて、こうなると他のアプリの読み方も再び不安になってきましたね。