Microsoft Teams :2024年3月31日以降に新しい Teams に自動更新されるようです

いよいよXデーが近づいてきましたね。

Microsoft Teams が既存のアプリが Microsoft Teams Classic となり、そして新しい Microsoft Teams アプリが2023/10/05 に一般提供開始されました。

Microsoft Teams :新しい Teams アプリに切り替えるトグルスイッチが表示されはじめた

目立つ場所に「新しい Teams を試す」というトグルスイッチが表示されたので切り替えて使っている人も多いとは思います。一方で「興味がない」「なんか怖いのでオンにしていない」というユーザーも結構いるようです。ただ、「 Classic 」と付くようにいずれかは切り替わるものなので、なるべく早いうちに新しい方を試して慣れておく事も大事だとは思いますが、いよいよ自動更新されるようです。

2023/10/31 付けで Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターに以下のメッセージが公開されました。

▼クラシック Teams ユーザーは、2024 年 3 月 31 日以降、新しいチームに自動的に更新されます

ここに太字下線で目立つように記載されていますね。

「本日は、2024 年 3 月 31 日以降、新しい Teams に更新していない従来の Teams ユーザーは、新しい Teams に自動的に更新されることをお知らせします。」

これらの情報はもう2023/10/31の時点でそうお知らせされていたんです。ただ、管理センターのメッセージセンターなのでテナント管理者などしか把握できないし、キッチリと全て読んでいる管理者は少ないんじゃないかと思います。管理者以外でも情報のアンテナを広げている人なら色々なところで得られた情報ではあるでしょうが、まぁなかなか情報のアンテナをずっと広げるのもしんどいですよね。

なので Microsoft Teams ユーザーには Teams Classic の方に2月1日よりアプリ上の目立つところに表示されるようです。

ドキュメントを読む限りだと、クラシック Teams のユーザーは新しい Teams に自動的に更新され、新しい Teams に切り替わると、もうクラシック Teams には切り替える事ができなくなるようです。また、クラシックの方はアンインストールされるようです。待ったなしという感じですね。

「急に!?」という声もたぶん挙がってくるでしょうけど、いやいや、だいぶ前から準備と計画されてきた事ですね。

おそらくですが、今は新旧が同居しているので「新しい Teams 」という表記がされていますが、いずれかは「新しい Teams 」という表記は消えて通常の「 Microsoft Teams 」になると思います。

VDI 環境など一部例外もあるので本記事の下部のリンクから Microsoft Learn の該当ドキュメントを読んでください。

2024 年 3 月 31 日以降に新しい Teams に更新されるクラシック Teams ユーザー
https://learn.microsoft.com/ja-jp/MicrosoftTeams/new-teams-automatic-upgrade-announced

クラシック Teams クライアントの可用性の終了
https://learn.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/teams-classic-client-end-of-availability

Microsoft Teams :ブラウザー版も新しい Teams のトグルスイッチがとっくに表示されている

※これも古いネタになってしまいますが備忘録として残します。本当に忙しすぎるってのは色々と良くないですね。

新しい Teams アプリに関しては過去に何度も取り上げていますが、ブラウザー版の Teams にも新しい Teams に切り替えるトグルスイッチが表示されています。ブラウザー版を利用する人ってどのくらいいるんでしょうね。クラシックアプリの頃はマルチアカウントをしている人なら、ブラウザー版でプロファイルごとにアカウント割り当てて複数アカウントを一気に表示させる使い方をしていると思いますが、新しい Teams アプリでマルチアカウントも対応されて Microsoft Teams に関してはブラウザーで利用する機会が僕は減りました。

さて、僕は自分の発信の最速は X (旧 Twitter )です。そのXを見ると、11月1日に僕の環境でブラウザー版でも新しい Teams の切り替えトグルが表示されている事を確認していたようです。

“Microsoft Teams :ブラウザー版も新しい Teams のトグルスイッチがとっくに表示されている” の続きを読む

Microsoft Teams :新しい Teams アプリのチャネルについて【その1】 チャネル情報

新しい Teams アプリに切り替えた後に初めてチャネルを開いた時、違和感を覚えた人も多いんじゃないかと思って記事にします。 Microsoft Teams に詳しい人なら「新しいチャネル エクスペリエンス」についての話です。そして書き始めると結構長くなりそうな事に気が付いたので、複数記事に分けて紹介します。

※毎度のことですが、経緯なども書くので前置きが長いです。興味なければ適当に読み飛ばしてください。


先日記事を書いた通り、 Microsoft Teams の新しいアプリが一般提供開始され、順次左上に「新しい Teams を試す」というトグルスイッチが表示されるようになりました。

Microsoft Teams :新しい Teams アプリに切り替えるトグルスイッチが表示されはじめた

この記事では単にその話と、新しい Teams アプリからクラシック Teams アプリに戻りたい時の導線がわかりづらくなってしまったので、その紹介に留めています。

また、過去にはパブリックプレビューが開始された当初の触ってみた記事も書いています。

Microsoft Teams :2倍速い!?「 New Microsoft Teams 」をプレビュー利用する方法

これもプレビューを利用する方法がメインで、ついでに New Teams アプリの感想をちょこっと書いてるだけでした。

“Microsoft Teams :新しい Teams アプリのチャネルについて【その1】 チャネル情報” の続きを読む

Microsoft Teams :2倍速い!?「 New Microsoft Teams 」をプレビュー利用する方法

3月はアツいですねぇ! Microsoft 365 Copilot の発表、 Microsoft Loop アプリのパブリックプレビュー提供開始、そして終わりかと思いきや日本時間の今日 2023/03/28 の夜中に New Microsoft Teams のプレビュー開始!

Introducing the new Microsoft Teams, now in preview
https://techcommunity.microsoft.com/t5/microsoft-teams-blog/introducing-the-new-microsoft-teams-now-in-preview/ba-p/3774406

かねてから「 Microsoft Teams は動作が重い」と言われてきました。僕はあまりそんな風に思ったことがないけど、会社次第では社給のPCのスペックが低くてもっさりしちゃうんでしょうね。そんな中、以前から動作が軽い新しい Microsoft Teams デスクトップアプリが出るという話は出ていましたが、ここへきてプレビュー開始となりました。上の記事の通り、現行アプリに比べて、メモリの使用量を最大50%少なく、最大2倍速く起動して、最大2倍速く会議に参加できて、サクサク動くようです。またパフォーマンスだけじゃなく、新しい機能も利用できるようです。

当ブログは基本的には一般のユーザーとして展開された新機能を試してみるのをネタにしているので、 Microsoft Teams なら現行のデスクトップアプリからもパブリックプレビューのモードにすれば先んじて機能を触る事ができますが、それはあえてネタにしていませんでした。
しかし特に今月は Microsoft Loop アプリもそうですが、異例でパブリックプレビュー段階でネタにしています。それは多くの人が関心を持っているからですね。今回も新しい Microsoft Teams はプレビュー段階ですが、利用する手順も含めて興味がある方が多そうなのでネタにしてみます。

Microsoft 365 管理センターのメッセージセンターにもギリギリになってメッセージが公開されていました。

試す前に、まずあくまでもプレビューです。会社で利用している環境で利用する場合は常用するものではないのかなと思います。実際現時点で例えばタブやアプリの追加ができなかったりプレビューだからこそ現行アプリでできる事ができない場合もあります。社内のチームメンバーとのカジュアルなミーティングで利用するのは良いかもしれませんが、社外の顧客との会議などには利用しないと良いとは思います。

“Microsoft Teams :2倍速い!?「 New Microsoft Teams 」をプレビュー利用する方法” の続きを読む