Microsoft Teams :フォントが変わった?日本語だから!?

※本記事は推測を多く含みます事をご了承ください。

数日前から Twitter で「 Microsoft Teams のフォントが変わった。」という報告ツイートが相次いでいました。今朝ようやく僕の環境でもフォントが変更されたので見てみたいと思います。

▼変更後

たしかに変わっています。凄く簡単に言えば「太った」という表現がわかりやすいかと思います。

この記事を書き始めた時は僕の複数持っている環境で変更前と変更後があったので比較できたんですが、触ってる途中に変更前だった環境も変更されてしまい…スクショがあまり撮れませんでした。とりあえず今手持ちのスクショで比較していきます。

※以下、僕の推測を非常に多く含んでいますが、フォントの知識はあまりないので本職の方がいらしたらご指摘よろしくです!

※以下、確認で利用したブラウザーは Edge です。ブラウザー内の設定は全て既定のままです。

■変更前後の比較と変更後のデメリット

▼変更前後の比較

「太った」という表現がわかっていただけたと思います。さて、フォントはデザインにも大きく左右するものですが、人によって好みが分かれる部分でもあります。なので今回の変更をうれしく思う人もいればうれしくなく思う人もいると思います。万人に好かれるものは存在しません。賛成があれば反対もある。特に世界的にも利用者の多い Microsoft 製品なんかは。とはいえ、 Twitter を観測すると大多数の人がネガティブな印象を受けたように見えます。それが「現状維持バイアス」によるものかもしれません。いや、皆さんそれぞれ根拠を持っているかもしれません。ちなみに僕の個人的な好みは変更後の方なのですが、第一印象で根拠あるネガティブな側面は認識しています。それはまさに「太った」です。上のスクショもそれに気が付くように意図的にチャネルのタブメニューを縦に並べて比較しています。見ての通り、変更後の方が横幅を取るんですよね。なのでタブなど横並びの場合は表示できるタブの数が減ってしまうというデメリットがあります。また、左のアプリバー内も影響が出ます。

▼変更前は「アクティビティ」と全部表示されていたけど、変更後は「アクティビ…」に

ちなみにデスクトップアプリ版とブラウザー版でも少し挙動が違うようです。

▼左がデスクトップアプリ、右がブラウザー

このようにデスクトップアプリではメッセージの内容はフォントの変更がされていません。一方、ブラウザーの方はメッセージの内容もフォントが変更されていました。

が、その後、デスクトップアプリでもメッセージの内容もフォントが変更されているという反応をいただけたので、もうよくわからないです(笑) 情報ありがとうございます!

■何で変わったのか?

今回の変更に関して調べるにあたり、変更前後をブラウザーで開いてブラウザーの開発者ツールで見比べてみました。

▼ブラウザーの開発者ツールを利用して、変更前後を比較

見ると、 font-family が変更されています。この変更により、 Yu Gothic UI というフォントから Meiryo というフォントに変わったという事が、ここから伺えます。で、変更前後の font-family を見ると、追加された部分は「-apple-system」とか「Apple Color Emoji 」とか、どうも Apple 製品で利用する時のフォントに手を加えられたのかな?と思いました。じゃ、なんで Windows に影響が出たのか?これは記述の仕方や仕様なんですかね、識者の人なら調べればわかるかもしれませんが、僕には詳細は説明できません。少なくともこの比較から言える事は、 font-family が変更された事で変わったという事でしょうか。

■日本語だから!?

もしかしたら?と思って Microsoft Teams の言語設定を日本語から English(United States) に変更してみました。その上で、変更前後を比較したところ、

▼言語設定を英語にしてブラウザーの開発者ツールで変更前後を比較

このように font-family は日本語で比較した時と同じく変更されているけど、結果として表示されているフォントは変更前後ともに Segoe UI という事で変化がありませんでした。おそらく上述の通り、 Apple 製品で利用する時のフォントに手を加えられたとするなら、言語が英語の人達にとっては Apple 製品を利用している英語圏の人は変更されたと認識するけど、 Windows 製品を利用している英語圏の人にとっては font-family の変更は気が付かないのではと推測します。

実際に Twitter では日本語でフォントが変わったというツイートはたくさん出てきますが、検索キーワードを「 Microsoft Teams font change 」で調べると、英語圏の人がフォントが変わったと指摘している最近のツイートは非常に少ないです。おそらく Apple 製品ユーザーかつ Microsoft Teams ユーザーじゃないかと予想です。(もしくは僕が英語ニガテマンなので検索キーワードが悪いのかも)

■あくまでも僕の仮説

以上の事からあくまでも僕の仮説ですが、実は日本語のフォントが変わった事は Microsoft Teams の製品開発チームの意図したものではなかったんじゃないか?説。つまり、 Apple 製品で利用する時のフォントを変更するつもりが、その font-family の記述によって日本語のフォントも副作用的に変わってしまった、と。これはあくまでも僕の仮説なので話半分で。

■じゃ、どうしたら?

残念ながら Microsoft Teams ではフォントの変更はできません。強いて言えばブラウザーから利用してブラウザーの設定やアドオンでフォントの変更はできるんじゃないか?とは思いますが、僕は興味がないのでやりません。また、多くの人はそれだけのためにデスクトップアプリを使わないという選択肢は嫌じゃないかと。

また、英語に問題がない人であれば、言語設定を日本語から英語にするという手段もあると思います。この方法を選択する人も少なそうですよね。

▼設定の「一般」の「アプリの言語」を変更

最後に、可能性として、もし上述の僕の仮説が正しければ、 Microsoft Teams 製品開発チームがこの事実に気が付けば、対応して日本語のフォントが元に戻る可能性は十分あるのではと思います。とはいえ、グローバル製品なので非常に多くの言語に対応しているから、待ってるだけでは製品開発チームが気が付かない・もしくは問題と認識していない…という事もありえます。日本マイクロソフトの社員さんが気が付いて製品開発チームにフィードバックしてくれるかも?(もしくはすでにしているかも?)という期待をしても良いですが、このような日々進化するクラウドサービスの場合は、ユーザーの皆さんの積極的なフィードバックも必要です。特に英語圏の声に比べて日本語圏の声は1つ1つが小さいかもしれません。皆さんがもし元のフォントに戻って欲しい!と思うのであれば、皆さんのアクションが多く集まれば対応される可能性も高まるかもしれません。是非、フィードバックしましょう。

▼画面左下の「ヘルプ」→「フィードバックの送信」

中の人も皆さんと同じ人間です。フィードバックを送信する際の文章に関しては、大人な皆さんだと思うので紳士淑女な文面にしましょう。


【すぐ追記】

ダメだ!オッサンとして言いたくてウズウズしていた事があって我慢してたけど限界だから言わせてくれい!

フォントが変わったんだって? ふぉんとに???