Micrsoft Whiteboard :メモ(付箋)にリアクションが付けられるようになっていた(ブレーンストーミングに最適?)

Micrsoft Whiteboard 使っていますか?と、毎回問いかけている気がします。おそらくそこまで使われていないんじゃないか?とも思っています。 Microsoft Whiteboard は特に Microsoft Teams の会議で使えるようになり、しかも当初はストアアプリ版よりも機能が全然使えなかったのが、今やブラウザー版と同じく、ストアアプリ版よりも機能の実装が早い場合もあるくらい優秀になってきています。とにかくリモート会議やハイブリッド会議においては物理ホワイトボードを使っても書き込める人は限られちゃいますが、 Microsoft Whiteboard を使えば場所問わず書き込めます。しかもストアアプリやブラウザーを別途立ち上げなくても、 Microsoft Teams の会議ウィンドウ上で全員が書き込めるので、ホワイトボードに全員で書き込みながらワイワイやりたい場合は使わない手はないんじゃないかと思っています。…と、このウリ文句も毎回書いてる気がしますが、検索でピンポイントにこの記事に辿り着く人が大半なので、大事な事は毎回書くスタイルです。

ただし…大きな障壁を一つ挙げるとしたら、タッチパネル対応のPCじゃないと微妙という点。マウス操作で絵を描く体験は物理ホワイトボードにペンで描く体験よりはグっと劣りますからね。逆に文字を書く体験という意味では物理ホワイトボードだと字が汚くて読めないのが、 Microsoft Whiteboard ならテキストをタイピングで入力すれば逆に良い体験だったり。

さて、長くなりましたが、本記事の話は、タッチパネル非対応のPCでも良い体験になるし、物理ホワイトボードよりもグッと良い体験になる事間違いなしの機能かなと思います。

“Micrsoft Whiteboard :メモ(付箋)にリアクションが付けられるようになっていた(ブレーンストーミングに最適?)” の続きを読む

Microsoft Planner :いつの間にラベル(付箋)の表示位置が変わってた!(ラベル機能についても触れてみる)

今日のブログは小さな変化です。しかもいつ変わっていたかわからないので、もしかすると結構前から変わってたかも!いや、たぶんそんな気がする…。

カンバン形式でチームのライトなタスク管理ができる Microsoft Planner 。おそらく Microsoft Teams の「ハブ」としてタブに追加するサービスの上位じゃないでしょうか。僕も便利に使ってるけど、その中でも実は個人的にあまり使っていない機能があるんです。それが「ラベル」機能です。付箋って言った方が想像できるし使い方もピンと来やすいですよね。 Microsoft Planner にはプランがあってその中にバケットという単位があって整理できるけど、ラベルを使って別の様々な角度からフィルターをかけるなどで整理もできるし、なんか他にも用途はありそうです。僕の場合は比較的シンプルに使ってるので、この機能に頼る事がないから使っていないだけかもしれませんが、場合によっては重宝されると思います。

そのラベル機能に少し変化があったので、機能をおさらいしながら追ってみます。

“Microsoft Planner :いつの間にラベル(付箋)の表示位置が変わってた!(ラベル機能についても触れてみる)” の続きを読む