SharePoint :新管理センターのアップデートでもうタイムゾーンの確認をしなくて済む!

情報としては新しいものではないのですが、なにせ僕のプライベートテナントは待てど暮らせど SharePoint 新管理センターのアップデートがされなかったので、書きたくても書けない記事でした。

SharePoint : SharePoint 新管理センターのアップデートがジラされまくり!

で、ここ2か月毎日チェックしていたんだけど今日ようやくアップデートされたんです!ようやく書けます!

▼現行の管理センターから新管理センターへのバナーがロケットになっていたらアップデートされた合図!

これでようやく色々試せる!アップデートでは色々できる事があるのですが、その中でも個人的に待望中の待望だったタイムゾーンの初期値の変更です。

何かというと SharePoint Online でサイト(コレクション)を作成すると、タイムゾーンの初期値が太平洋標準時なので、そのまま使ってると登録日時や更新日時が実際の日本時間とズレてしまうので、サイト(コレクション)作成後に必ずタイムゾーンを確認して変更しなければいけないというダルい仕様だったんです。詳しくは以下の記事を。

SharePoint :サイトを作成したらタイムゾーンの確認を忘れずに…

で、新管理センターがアップデートされると、このタイムゾーンの初期値を変更する事ができるんですよ。では、試してみます。

“SharePoint :新管理センターのアップデートでもうタイムゾーンの確認をしなくて済む!” の続きを読む

SharePoint :サイトを作成したらタイムゾーンの確認を忘れずに…

[2018/12/05 追記]
現在徐々に実装されてきている SharePoint 新管理センターでは、タイムゾーンの初期値の設定が可能になっております。

SharePoint :新管理センターのアップデートでもうタイムゾーンの確認をしなくて済む!


SharePoint Online のサイトのタイムゾーンは既定で 「(UTC-08:00) 太平洋標準時 (米国およびカナダ)」になっています。これ変更するのをウッカリ忘れちゃうんですよね。すると、当然ですが登録日時や更新日時などが実際の時間とはズレてしまいます。場合によっては混乱の元にもなりかねません。なのでサイトを作成したらタイムゾーンを確認するクセを必ず付けましょう。(自分に言い聞かせてる…)

念のため、確認場所までに行き着く方法を紹介です。(モダンページの場合)

▼右上の歯車アイコン→サイトのアクセス許可

▼View all site settings

今回英語でしたが、日本語になっている場合もあります。そういう気まぐれがあるので、場所で覚えておくと良いかも?

▼サイトの設定ページのサイトの管理セクションの「地域の設定」

▼タイムゾーンを確認

▼適切に変更しましょう

ちなみに、クラシックページの場合は、ページからサイトの設定ページまですぐに行けます。

▼歯車アイコン→サイトの設定(クラシックページ)

いちいち確認や変更をするのが面倒ですよね。しかし、 Office 365 の管理センターや SharePoint の管理センターなどで様々な設定をしても現時点ではここの初期値を変更する事はできないようです。(ぜひできるようになってもらいたいです。)

以下、Microsoft サポートサイトに該当ページがあったので紹介します。「個人用サイト」と書かれていますが、個人用サイトだけではありません。

SharePoint Online の個人用サイトのタイムゾーンが既定で太平洋標準時に設定される
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2901182

ちなみに一度設定を変更したサイトの配下にサブサイトを作成すると、親サイトの設定を継承して作成されるので問題ありません。
ただし、作成済のサブサイトに関しては親サイトで設定変更しても継承されないので、たくさんサイトを作成した後に変更しわすれていた場合は…全サイトで設定変更をしなければいけないのでご注意を。つまり国内利用のみ想定である場合は、サイトコレクションを作成した時点で必ず忘れずにトップレベルサイトのタイムゾーンを変更しましょう。

また、タイムゾーンの設定変更前後の登録日時や更新日時の挙動についてですが、登録済アイテムやドキュメントの時間も設定に応じて変更されますのでご安心を。

投稿者・閲覧者のユーザーも、もし利用しているサイトで登録したアイテムの日時が変だった場合は、サイト管理者に連絡してみましょう。