SITE POLICY

[ Valid XHTML 1.0 Strict ]

個人情報の取扱い

最終更新日:[ 2008-06-17 ]

Art-Break(中村太一)は、このウェブサイト・メールを通じて商品をご予約・ご購入頂く際にご提供頂く個人情報(※)を、以下の様に扱います。
お客様は、以下の内容に同意された上でご予約下さい。

個人情報の管理等
ご提供いただいたお客様の個人情報は、ご予約・ご購入の確認・発送のために利用するものとします。
当該個人情報の利用に際しては、厳重に保管いたします。
なお、ご提供いただいた個人情報の修正・削除を希望される場合は、速やかに対応させていただきます。
個人情報の第三者提供
Art-Break(中村太一)は、あらかじめお客様の同意を得た場合を除き、お客様の個人情報を第三者に提供いたしません。
ただし、法令に基づく場合は除きます。
個人情報保護に関するお問合せ先
お客様からご提供いただいた個人情報は、以下の者が責任をもって管理するものとします。
Art-Break(中村太一) : CONTACT

(※)個人情報とは、個人に関する情報であって、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、勤務先、生年月日その他の記述等により個人を特定できるものを指します。また、その情報のみでは識別できない場合でも、他の情報と容易に照合することができ、結果的に特定の個人を識別できるものも個人情報に含まれます。

著作権

最終更新日:[ 2008-05-12 ]

当サイトの著作権は、Art-Break(中村太一)に帰属します。
当サイトに記載された製品、画像、音源、動画等の情報を事前の許可なく複製または配信等をする事はできません。
当サイトに記載されている第三者提供の画像等の情報は著作権フリーの素材、または提供先から許可を得ているものです。

リンク

最終更新日:[ 2008-05-12 ]

Art-Breakへのリンクは下記の場合を除き、ご自由にお願いします。

  • 営利を目的とした場合
  • Art-Breakの画像・音源・映像等に直接リンクをしてある場合
  • Art-Breakのイメージ等に合わない場合(例:アダルトサイトなど)
  • Art-Breakに経済的損失が発生すると考えられる場合
  • Art-Breakのページへのリンクである事を表示していない場合
  • 自サイトのフレームの中に、Art-Breakのサイト・ページ等を取り込んだ形でリンクされる場合
  • その他Art-Breakの運営に支障が出るとArt-Breakサイドが判断した場合

JavaScript

最終更新日:[ 2008-06-17 ]

当サイトではJavaScriptを使用しています。
ご利用のブラウザの設定でJavaScriptをオフにされている場合(設定でオフにしない限り、通常はオンの設定です)、コンテンツが正しく表示されない事があります。

プラグイン

最終更新日:[ 2008-06-17 ]

Adobe® Flash® Player
当サイトではAdobe® Flash® Playerを使用するコンテンツがあります。
ご利用になるには最新版のAdobe® Flash® Playerをダウンロードしてください。
(なお、Adobe® Flash® PlayerをダウンロードしてもJavaScriptをオフにしているとご利用できません)
Adobe® Flash® Player

外部サイトへリンク

最終更新日:[ 2008-06-03 ]

当サイトではサイト内リンク・サイト外リンク問わず、ブラウザの新規ウインドウで開くリンクはありません。
サイト外リンクに関してはリンク部分の右に「外部サイトへリンク」を示すアイコンのアイコンを表示しておりますので参考にして下さい。

印刷

最終更新日:[ 2009-03-13 ]

当サイトは真に勝手ながら、ブラウザの「印刷」からは印刷できない仕様になっております。
やはり「ウェブサイトは画面で見て欲しい」そう思い、このような潔い仕様とさせて頂いております。

※ただし、例外としてINFORMATIONのページのみ、ライブ情報等を印刷して持ち歩けるように印刷できるようにしております。

免責

最終更新日:[ 2008-05-12 ]

当サイトに記載されてる製品・情報等を予告なく変更することがあります。

(C)Art-Break 中村太一(Taichi Nakamura)

[Art-Breakからのお知らせ] 潔く印刷できない仕様にしてごめんなさい

ブラウザの「印刷」及び「印刷プレビュー」をされた方はビックリされたかもしれません。失礼しました。
真に勝手ながら、当サイトはウェブ上のみお楽しみ頂けるように考えており、印刷はできない仕様とさせて頂いております。
それでもどうしても印刷したい方は、専用ソフトかプリントスクリーンで対応して下さい。
でも、やっぱり「ウェブサイトは画面で見て欲しい…」そう思います。