PROFILE

PC

自宅ネットワーク図+α(2008年6月17日)

各画像をクリックすると拡大画像がフォトアルバム形式で表示されます

【過去のネットワーク図】
■過去のネットワーク図

以前一人暮らしをしていましたが、とあるきっかけでまた実家に舞い戻り、無線LANの一式も所持していたり、その時期に余ってたノートPC2台を両親に与えたので、無線LANの環境を作りました。
しかし、自分のデスクトップPC達は無線にするメリットがなかったため、無線と有線と混在している環境です。

一人でどんだけPC持ってるんだよって感じですが、ボロばかりです…。その中でもボロPCって書いているPCは、Win98時代のヤバいくらいボロいPCです。

自宅WEBサーバをやっていたので、意味があるかはわからないけど念のために他のクライアントPCとセグメントを分けて置いてました。 なので無線LANのAPがルータ機能もあったのでそれを生かして使用していました。
WEBサーバはRed Hatで、SSHでメインPCから操作していました。ルータ越えで、メインPCのIPからのみSSHでアクセス許可といった設定をルータにするのが意外と難しかったです。

また、ファイルサーバですが、その他にXP ProのIISでイントラサーバを作っていろいろ遊んでいました。こっちの方はメインPCからリモートデスクトップを使って操作してました。

ノートPCはベッド脇に置いて寝ながらGyaOを見たりしていましたが、売ってしまいました。

WEBサーバとファイルサーバを24時間起動しっぱなしなので、夏は暑いし、おそらく電気代も高いし無駄だったけど、構築したり色々試してみたり楽しかったです。

【現在のネットワーク図】
■現在のネットワーク図

引越しを機に、配線やコストやレイアウトを考えて、自宅WEBサーバをやめました。
それに伴い、無線LANのAPはブリッジ接続に設定しなおしました。

家族でプリンタを使用する機会が増えたので、新しいプリンタを購入すると同時に無線プリントサーバにして置き場所の問題をクリア。
無線プリントサーバにはUSBでストレージをつければNASのようにできるので家族共用ストレージとして設置。

自室の方はギガビット環境にしたのは前回の通り。
以前はテレビがあったけど狭い部屋でブラウン管は場所をとるので父親にあげました。その代わりに以前購入していた怪しい会社のTVチューナー&キャプチャをディスプレイにつなげてテレビの代わりにしてます。怪しい会社のなので操作性も悪いし説明書の日本語が怪しくなってたり色々微妙ですが、PCにつなげてキャプチャにもなるし、TVにつなげてPCを起動してない状態でもチューナーにもなる製品って滅多にないし、テレビはたまにしか見ないからこれで十分でした。

その他は図を見ての通りです。音楽関係の配線図を書くとさらにややこしくなるので割愛です。

【追記】ひょんな事からPSPをゲットしました。早速ネットにつなげたので左の画像も更新しました。

【今後(妄想)のネットワーク図】
■今後(妄想)のネットワーク図

そろそろ組んで5年経つメインPCなので新しいメインPCを購入予定。
それまでのメインPCはリビングに移動させ、母親用PCが相当ボロくなってきたので引退。
現在15年近く使用しているテレビが壊れるか地デジ移行の際に液晶テレビを購入予定。液晶テレビにリビングPCとして接続し、DVDプレイヤーにしたり母親インターネット・メール用&リビングで家族で写真を見たりする用へ。

自室の方は、ボロPCをさすがに引退させ、あったらいいなと思ってるモバイルPCはそのうち様子を見て購入予定。
デュアルディスプレイにしてる2台の上の、現在テレビ用とサブPC用に使ってるディスプレイがかなり壊れてきてるのでこれを24インチあたりのディスプレイを購入し、交換予定。
メインPCに地デジチューナーを入れて接続するか、それとも地デジ対応ブルーレイレコーダーを購入して接続するか…。ただそこまでテレビをあまり見たり録画しないという事を考えると、たぶん前者の方になる予定。ある程度大画面でPC動画やテレビが見れるようにしたい。

前述の通り、メインPCは新しく購入予定。今後動画編集もしたいのでそれなりのスペックにしたい。OSが悩みの種。未だにVista搭載のPCが一台もないので、XPのままで行くか、今後の事も考えてVistaもある程度詳しくなれるようにVistaにするか…。

と、この予定がどこまで実現できるか…。

(C)Art-Break 中村太一(Taichi Nakamura)

[Art-Breakからのお知らせ] 潔く印刷できない仕様にしてごめんなさい

ブラウザの「印刷」及び「印刷プレビュー」をされた方はビックリされたかもしれません。失礼しました。
真に勝手ながら、当サイトはウェブ上のみお楽しみ頂けるように考えており、印刷はできない仕様とさせて頂いております。
それでもどうしても印刷したい方は、専用ソフトかプリントスクリーンで対応して下さい。
でも、やっぱり「ウェブサイトは画面で見て欲しい…」そう思います。